コラム

 公開日: 2014-07-27 

真智の開発をめざして(その8) ─五智の教え・自他のものの区別をすること─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





「五智」とは、優しさ・厳しさ・正しさ・優雅さ・尊さであり、その五光により、妄知(モウチ…おかげさまと心の底から思えない惑った心)も邪知(ジャチ…万事を我がためとするよこしまな心)も消え失せます。

 さて、厳しさは、〈愚癡〉〈好悪〉〈自他〉〈明暗〉〈公私〉という五つの問題がきちんと整理される時、〈人間がみ仏の子である証明〉として完成します。

[2の3]厳しさ─自他のものの区別をする

 人間関係の根元にあるのが自他のものを区別する感覚です。
 これができない幼児は、兄弟や友だちのオモチャに手を出してケンカが始まります。
 区別がつくようになると、今度は占有する気持が強くなり、親は「貸してあげなさいよ」と指導します。
 自分のモノへのこだわりと、他人の気持に応えることと、二つのバランスがだんだんにとれて大人になってゆきます。

 さて、大人になればなったで、次のステップが待っています。
 自分に属するモノだけでなく、ものごとも問題になります。
 わかりやすいのが体調です。
 身体の具合は百パーセント当人の問題であり、誰も代わってやれません。
 お腹がすいたからといって代わりに食べてやることもできなければ、便秘だからといって代わりにトイレでしゃがんでやることもできません。
 しかし、家族であれ、友人であれ、体調が悪ければ〈他人(ヒト)ごと〉ではなくなります。

 たとえば、ばったり出会った友人が青い顔をしていれば心配になります。
「また、飲み過ぎたの?」
「疲れているんじゃない?」
「仕事、大変なの?」
 さまざまに声をかけたくなります。
 そこで、相手が大したこともなくて、「また、やっちゃったからね」と笑って別れられれば何ということもありません。
 しかし、少しうるさく言い過ぎたり、相手が気づかれないでいたい異変に触れてしまったり、相手の虫の居所が悪かったりすると問題です。
 せっかくの善意が相手へ不快感を催させてしまいます。

 そうかといって、周囲の人々へ無関心で、自分の領域に強いバリアを張っているだけの人は信頼されず、尊敬されもしません。
 人格で人生を渡れず、お金や権力や才能で意志を通そうとしますが、ますます信頼や尊敬からは遠ざかってしまいます。
 信頼や尊敬を集める人は、他人のものごとへどう触れるかという微妙なバランス感覚に優れ、触れないでおくべきところでは、ほとんど無関心を装い、相手が触れて欲しいと思っているところへは、ほとんど自分自身の問題であるかのように踏み込みます。

 江戸時代の長屋生活は、住む人びとが自他の間合いなどにおける絶妙な感覚を自然に学ぶ形態であったろうと想像されます。
 太平洋戦争後の日本でも、味噌や醤油の〈貸し借り〉をするなど、お隣さんとのつき合いに心温まる部分がありました。
 人々は、日々の生活の中で、自他のものの区別と、区別をふまえた上での交流について自然に、実践的に学びました。

 さて、「疎(ウト)んじる」という言葉があります。
 親しむの反対で、よそよそしく疎遠な関係になることです。
 この疎(ソ)は、梳(ソ…クシで髪をとかす)に通じ、粗(ソ)にも通じています。
 こまやかで嬉しい気持が漏れ落ちているという感じがあります。
 自他のものの区別がうまくできない人は、自分の善意が空回りしたり、疎んじられたりする可能性があります。
 こちらの温かい気持が相手との間からこぼれ落ちては残念です。

 自他のものの区別をつけながら、「親」と「疎」のバランスがとれた自他の関係をつくってゆくには、第一に、自分の気持に流されず相手をよく観る〈自分への厳しさ〉が必要です。
 よく言われるとおり、病人を励ますことは難しく、「がんばって」は禁句だと主張する方もおられます。
 そうすると「しっかり」はどうか、という話になり、言葉だけをあれこれ言ってもほとんど無意味です。
 理想的なのは、相手を思うのなら、思う自分を離れ、思われる相手になってしまうことです。
 もちろん、簡単にはできません。
 しかし、「可哀想に」とか「痛いだろうなあ」という自分の優しい心に発する〈無条件の前提〉から離れてみることは、意識すればできます。
 その典型が天皇陛下の慰問です。
 国民の安寧と日本国の平和を祈ることに一身の根本的存在理由がおありになる陛下は、祈る心のまま、私たちの近くへお出かけになられます。
 東日本大震災の被災地へも足をはこばれ、お言葉を述べられました。
 それは、私たちが普通に交わす言葉と同じ内容であっても、無私の両陛下が口にされると受ける側の心はちがいます。
 天皇陛下だから、という先入見の力がはたらくのも当然ですが、やはり、国民(クニタミ)を思う心一つで過ごしておられる聖人たるお力によるものでありましょう。
 ポイントは〈無私〉です。

 とにかく、会ってみること。
 会うまでは「大変だろうなあ」「辛いだろうなあ」などといろいろ思ってでかけても、会った時は、相手をそちら側に置かず、自分へ引き入れるようなイメージを持ってみましょう。(瞑想『阿字観』では必ず行います)
 そうすると、相手の本当の気持に近づけます。
 言葉は特に、出ないかも知れません。
 相手が先に「ありがとう」と言うかも知れません。
 言葉がなかなか出ずにじっと握手をし、たとえそのまま帰ったとしても、相手を思う気持は必ず伝わり、相手が感謝や感激をもよおせば、それは必ず生きる力となります。

「自他のものの区別」をつけながら、自分の思い込みにとらわれないこと。
 大人の人間関係上、よく考えてみたいものです。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ