コラム

 公開日: 2014-08-09 

秋立つや皆在ることに泪して ―俳人の泪―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈酷暑の中で草刈りをしてくださる方〉


〈彼はなぜ、水面に浮かぶ葉の上に乗ったのか〉

 暑い暑いと言っているうちに、立秋となった。
 当山のあたりでは、草も車も朝露に濡れ、虫たちの声が天地を満たしている。

「秋立つや皆在ることに泪して」

 明治から平成にかけて、4代を生きた永田耕衣の作である。
 秋立つ時期は、不思議に来(コ)し方をふり返りたくなる。
 耕衣は、ふり返ろうとした瞬間、〈今〉現在、ここに〈生きて在る〉ことに衝撃を受けたのだろう。
 しかも、人々と共に在る……。
 〈今〉は完ぺきである。
 過もなく、不足もない。
 机があり、ネコが寝ていて、カラスが鳴いている。
 身体のあちこちが傷み、記憶力は落ちかけ、友と会う機会も減ったが、そのままに生きて在る。
 自分を含め、皆が在るとは何というありがたいことか。
 いつの時代の〈今〉も、全体として直感できる時、同じ〈泪〉を誘う。

 それにしても、世界中で流されている涙は、耕衣の泪とあまりにも隔たっている。
 赤十字の施設に逃れていてすら爆撃され、家族を失い、友人を失い、家を失い、傷ついたパレスチナの人々。
 国境も無視して一神教と暴力による支配を目ざすイスラム原理主義勢力に追われ、酷暑の山岳地帯へ逃れるイラク北部の人々。
 医師たちまでもがエボラ出血熱に冒され、病魔と死魔の猛威にさらされているギニアの人々。
 最近の祈りには二つを欠かさない。
「一心祈願不戦日本」
「一心祈願世界平和」
 今日午後からの寺子屋でも、皆さんと一緒に唱えたい。

 耕衣はこうも詠んだ。

「死螢に照らしをかける螢かな」

 先に逝ったホタルのすぐそばで、ホタルが光っている。
 生者が死者を意図して照らすのか。
 耕衣は実際にこの情景を観たのか?
 それとも、幻影だったのか?
 いずれにしても、あまりのリアリティーにたじろがされる。
 この句を読んだ瞬間、なぜか、脳内スクリーンの左下に横たわったホタル、右上に光るホタルが出現した。
 しかも、まるで自分がかつて観た光景のように鮮やかだったのはなぜだろうか。
 こうして書いている今も、同じ構図が頭にある。
 一枚の写真のように。
 耕衣のリアルと私のリアルは重なっているのかも知れない。

 それにしても、「死蛍」と「照らしをかける螢」とは、まさに写真の中で等価であるように、二者で一つのシーンを構成している。
 息をする耕衣も、歩く耕衣も、詠む耕衣も、このシーン中の人物だったのではないか。
 詠む者と詠まれた世界が一つになっている。
 冒頭の泪は、そこで流されたのだろう。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ