コラム

 公開日: 2014-08-17 

ガンからの復帰と瞑想修行

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈お盆供養会の後に、「みやぎ四国八十八か所巡り道場」を参拝しました〉


〈当山近くの八島さんが整備してくださった道場は、参道のどこにも枯れ枝が落ちていませんでした〉


〈一周500メートル弱ですが、別世界を歩くのはありがたい体験です〉

 お盆の4日間は、たくさんの方々がご来山されました。
 お正月と同じく、「また、お会いできた」ことが本当に嬉しく感じられました。
 せっかく足を運ばれても、でかけていたり、修法中だったりで、お布施やご供物や伝言でお元気であることをお知らせいただく場合が多く、直接お話しできたのは、ほんのわずかな方々だけした。
 皆さんのお心は確かにお受けいたしましたので、ここに、お詫びとお礼を申しあげさせていただきます。

 さて、そうした中で、ガンから復帰したAさんの回顧談には驚きました。
 還暦近いAさんは、病気が発見された時点で末期とされ、大病院でもホスピスを紹介されました。
 もう、回復のための治療法はないと宣言されたのです。
 しかし、気丈なAさんは、自分で克服の可能性を探り、単身、メキシコへ飛びました。
 英語は話せず、何のつてもなく、兄弟にも知らせませんでした。
 アメリカへ「歩いても行ける」ほど国境に近い街にある病院での毎日は、とても「楽しい」ものでした。
 日本では不可能とされた手術が行われ、車のついた点滴の道具をコロコロと自分で引きながら海の見える場所でのんびりしたり、日ごと夜ごと行われるボランティアの演奏やショーを堪能したりと、夢のような闘病生活でした。

 世界中からやってきた〈仲間〉たちと共に過ごしながら回復し、帰国したAさんは、それ以来、留学生などが催す各種の交流会やバザーへ積極的にでかけるようになりました。
 最近、トルコのイスラム教徒から数百円で買った御守は特にお気に入りとのことでしたが、あいにく手元になく、見せてはいただけませんでした。
 とても大病から復帰したとは思えないような溌剌としたご様子で、いろいろなことを学ぼうとしておられます。
  
 Aさんと、よき理解者であるお姉さんとのお話を聴きながら、自分のいのちに正面から向き合った時、不思議にも、自分という枠を超えた大きないのちの世界が観えるのではないかと思えました。
 自分のいのちに〈まつわる〉ことごとに忙殺されているうちは、そもそも、自分のいのち〈そのもの〉がよく観えていなのではないでしょうか。
 こうしたパターンは、瞑想によく似ています。
 自分の心中にある満月のように円満な心に出会う瞑想においては、自分を超えた世界へと心を広げます。
 また、そうすることによって、心中の満月がよく観えるようにもなるのです。

 Aさんは死ぬか生きるかという瀬戸際で心を解放させました。
 いわば、非常時にあって、異次元へと飛翔されたのです。
 瞑想修行は、平常時にあっても飛翔できる修行です。
 瞑想会へ初めて参加した70才のBさんからお聞かせいただいた言葉です。
 「心が軽くなりました」
 平常時に修行しておけば、日常生活を穏やかに過ごせるのはもちろん、非常時にもきっとオタオタしないで済むことだろうと、あらためて教えていただいた一日でした。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

年内の共同墓へのお納骨や墓地の確保ができます
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ