コラム

 公開日: 2014-08-19 

平野啓一郎著『透明な迷宮』について ―原発事故後の実存― 

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





平野啓一郎著『透明な迷宮』を読んだ。

「彼は自分が、目に見えない、透明な迷宮の中に迷い込んでしまったという意識に捕われた。」

「恐らくは、震災後――いや、震災よりも更に前からのことで、ただ、あの部屋に監禁され、愛し合うように命ぜられて初めて、彼はそれが迷宮の一つの袋小路なのだと理解したのだった。」

「岡田は、自分がその迷宮のどの辺りを彷徨っているのか、まるで見当がつかなかった。
 その壁は完全に不可視で、不可触であって、迷宮の外側の世界は、微塵の曇りもなく見えていながら、どうやって出口を見つければよいのか、その術がわからなかった。」

「もしその壁が、土や煉瓦で出来ているのならば、外の者たちは、中で誰が迷っているのかを知らないだろう。
 しかし、透明であったとしても、結局、彼らはその内側に閉じ込められている者に、気づきようがなかった。」 

「自分はただ、その目に見えない壁に沿って歩かされている。
 折々、行き止まりにぶつかっては引き返し、別の道を歩んだつもりで、また訳もわからずに同じ道を辿っている。」

 岡田は知り合って間もない女性と共に監禁され、同じ目に遭っている男女たち共々、衆目の前でセックスを命じられる。
 共に暮らそうとした彼女は去り、彼はあの世の屈辱から逃れられない。

「彼は、自分の人生は嘲弄されたと感じていた。
 彼女からというのではない。
 もっと漠然とした、この世界の頽廃そのものからだった。」

 小説の主人公岡田は、人間の行う不条理な行為によって深い傷手を負い、自分の意志による回復は困難となった。
 そのできごとをきっかけとして、そもそも自分の意志など通用しないほどの何かに絡め取られているという真実に気づく。
 そして、自分の人生は「この世界の頽廃」によって「嘲弄」されていると感じる。

 この作品は平成26年に発表された。
 平成23年、氏は、毎日新聞の取材に対して、こう語っている。

「何か悲惨なことが起きた後、その出来事が終わると、やっと日常の時間が動き出します。
 宮城や岩手は悲惨な津波被害を受けましたが、津波自体は終わって日常が動き出しつつある。
 しかし深刻なのは福島の時間です。
 原発事故が終わらないからいつになっても日常の時間が始まらない」

「問題をほぐしてきれいに切り分け、一つ一つに対処する必要がある。
 それはすごく地味な作業ですが、それしか方法はない。
 何であれ地道な頑張りが称賛され、努力が報われる社会になるべきだと思います」

「ちゃらちゃらした時代はやっと終わって、地味にまじめに生きなきゃいけない時代になってきていると感じます」

「震災後によくインタビューを受けてきましたが、やっぱり最後は希望に満ちた明るいコメントを期待されがちです。
 でも、僕は空元気には限界があると思うんです。
 震災直後はそういうものも必要でしたが、そのむなしさも味わいました。
 すごく悲観的に言えば、日本は原発問題もあるし経済も停滞しているし、沈みゆくタイタニック号のような雰囲気もあります。
 でも、それを止められるのは、威勢の良いかけ声ではなく、現実的で具体的な行動だけです」(「この国はどこへ行こうとしているのか」より)

 氏は、「地味な作業」「地道な頑張り」「現実的で具体的な行動」に救いを求め、発言もしてきた。
 しかし、こと、ここに至り、24時間、365日、一人一人を繭のように囲い込み解放を許さない「透明な迷宮」を観ているのではないか。
 もちろん、氏は慎重に「震災よりも更に前からのことで」と書き、いわば、我々の実存そのものを問題にしてはいるが、震災と原発事故が「迷宮」を明らかにし、「迷宮」がはたらきを強めてきたことは確かだろう。

 ほぼ半世紀前、三島由紀夫は『太陽と鉄』に書いた。

「言葉による芸術の本質は、エッチングにおける硝酸と同様に、腐食作用に基づいてゐるのであって、われわれは言葉が現実を蝕むその腐食作用を利用して作品を作るのである。」

 そして、幼少時にこの真実を知った三島由紀夫は「相反する二つの傾向」を生きることになる。

「一つは、言葉の腐食作用を忠実に押し進めて、それを自分の仕事にしようとする決心であり、一つは、何とか言葉の全く関与しない領域で現実に出会はうという欲求」

 三島由紀夫との因縁浅からぬ平野啓一郎氏は、このことを熟知しておられるはずである。
 氏にとって言葉とは何か?
 震災と原発事故へ真摯に対応しようと努力してこられた今、「透明な迷宮」と書かねばならない状況をどう克服してゆこうとされているのか?
 氏の苦悩を想いつつ、彼女との再会へ微かな希望を託した最後の一行を読んだ。

「この透明な迷宮のどこかの一隅で、出口を求めて彷徨い歩いた果てに。……」

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ