コラム

 公開日: 2014-08-24 

自我って何だろう? ―仏教的視点から観た自我(1)―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 私たちは、物心がついた頃、いつの間にか「自分がいる」と意識し始めています。
 それ以来、自分はずっと〈他ならぬ自分〉としてこの世にいます。
 自分の身体は自分だけのものなので、身体をよりどころとして、自分はいつも〈ここ〉にいます。
 でも、何かの拍子に「自分とは何だろう?」と発した問いに、どっしりした答はなかなか返ってきません。

 さて、自分の核は自我意識です。
 この自我は、はたしてあると言えるのでしょうか?
 ダライ・ラマ法王著『ダライ・ラマの般若心経』をテキストにして、少し、考えてみましょう。

1 自我とは何か?

 仏教は、他の宗教と異なり、〈永遠で、単一で、独立した〉自我はないと考えています。
 いわゆる「無我」が仏教の根本的立場です。
 でも、普通の感覚では「自分はここにいるし、君だってそこにいるじゃないか」ということになります。
 デカルトが言った「我思う、ゆえに我あり」です。
 仏教も、「思っている自分は確かにここにいる」という理を否定はしません。
 認めますがそれは、日常生活的思惟をめぐらせてつかむ世俗的な真理としての範囲です。
 いわゆる「世俗諦(セゾクタイ)」です。
 一方、深い瞑想の中でつかむ無我の真理を「真諦(シンタイ)」または「勝義諦(ショウギタイ)」といいます。

 真理は二重になっており、お釈迦様が悟りを開いた当初、「これ(真諦)は誰にもわかるまい」と考え、悟って得た安楽の境地へ入ったままになろうとされたのは、当然です。
「縁起の理は理解されず、涅槃(ネハン…絶対的安楽)の理も悟られないだろう。
 説いても徒労に終わるだろう」
 しかし、梵天(ボンテン)というインドの最高神によって説得されます。
「世間には目が穢れに覆われていない人々がおり、そうした人々も、法を説かれなければ、皆と同じように堕ちてゆくことでしょう。
 しかし、彼らは聞けば悟れる人々なので、どうぞ救ってください」
 そこでお釈迦様は説法を決心されます。
「耳あるものは聞け、古き信を去れ」

 確かに「縁起の理」は容易に理解されず、ましてや「涅槃(ネハン)の理」は誰にでも悟られるわけではありません。
 何しろ、お釈迦様ほどの方ですら、すべてをなげうち、周囲から、いのちを落とすのではないかと思われるほど徹底した瞑想の果てに、ようやくつかんだ真理なのです。
 たとえば、縁起とは「すべては、何かが縁となって起こったからこそ、そのように有る」という真理ですが、悪いことが起これば神様のお怒りだろうと考えて生け贄(ニエ)をささげたりする人々には、原因と結果が必ず結ばれていることを実感できる素地は少なかったことでしょう。
 ましてや、善い人が利用されたり誤解されたりして苦しみ、悪心を持った腹黒い人がうまくやって成功したり、褒めそやされたりする場合がある現実を眺めると、原因と結果の関係に納得できる妥当性を感じられないことでしょう。
 また、厳しい修行や幾多の輪廻転生の末に苦から解き放たれ、苦から脱した解脱(ゲダツ)すなわち涅槃(ネハン)の境地など、想像もできない世界です。

 では、どうやってお釈迦様は法を説かれたか?
 難しい理論などわからず、生きるのに精一杯で瞑想をする余裕もない人々がどうして救われたのか?
 そのキーポイントが「真理の二重性」です。
 つまり、問題を抱えた人なりに理解できる真理を入り口として、その先は、その人なりに行ける範囲まで行ってもらうというやり方だったものと思われます。

 最もわかりやすい例が、娘を亡くした母親キーサゴータミーの物語です。
 これまで何度もとりあげたとおり、娘を亡くして半狂乱になっているキーサゴータミーへ、お釈迦様は、「一人の死人も出したことのない家があったなら芥子の実をもらってきなさい。そうしたら、貴女の苦しみを取り除いてあげよう」と約束されました。
 しかし、村中を歩いても、死人を出したことのない家はありません。
 ご先祖様のいない人は誰もいないので当然です。
 キーサゴータミーはがっかりしてお釈迦様の元へ帰りますが、お釈迦様は黙したままです。
 きっと、本人が気づくことを知っておられたからでしょう。
 娘の亡骸を埋めてからお釈迦様へ弟子入りしたキーサゴータミーは、きっと、こんな順序で理解を深めたことでしょう。

・死人を出したことのない家はない
・誰しもが、人の死に悲しむ体験をしている
・自分だけが人の死に苦しむのではない
・人は必ず死ぬ
・自分もいつかは死ぬ

 きっと、このあたりまでが、世俗諦でしょう。
 そして更に、お釈迦様の弟子となって理解を深めたことでしょう。

・娘の死には、直接的原因と間接的原因があった
・死とは、肉体のはたらきや、感受作用や、意志作用などが壊れ、なくなることである
・娘の実態は仮そめの存在、つまり空(クウ)だったのであり、自分もまた、空(クウ)なる存在である
・すがりつくべき実体的な自我はない
・空を観ると心が安らぎ、生きとし生けるものが愛おしくなり、美しいと感じる
・空なる自分のなすべきことが見えてくる

 こうして真諦が深まったのではないでしょうか。
 まぎれもなく、〈永遠で、単一で、独立した〉自我はなく、「無我」なのです。

 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

年内の共同墓へのお納骨や墓地の確保ができます
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ