Q&A(このプロの回答)

嘘をついてしまうことについて
私は、毎年、新年や誕生日に、自分なりの誓いを立てます。
毎回、必ずといって「嘘をつかない」という誓いを立てるにも関わらず、
毎回、誓わなければならなくなってしまいます。

人として成長したい、精神性の高い人になりたい、
人のためになれる人でありたい、神様のような人になりたいと
本気で願っているのに、時々、嘘をついてしまいます。

私がつく嘘は、自分を大きく見せたいような嘘ばかりです。
本当は、精神性を高めたいというよりも、すごい人と想われたいだけなのかも知れません。
私の中のエゴや見栄に自分でもうんざりして、嘘の後の罪悪感を感じるたびに、
もう嘘はつかないようにしようと想うのですが、やはり小さなことで嘘をついてしまいます。

自分も人も裏切っているような気持ちになります。

どうしたら、嘘をつかない、本当に私でいられるのでしょうか。

つい小さな嘘をついてしまうので、親切な行動をした時も、
後から、今のは偽善なのかと自分を疑ってしまうこともあります。
人から優しい人と言われるのですが、それも偽善かと苦しくなります。

誰にも言えなかった苦しい気持ちです。
どうか、宜しくお願いします。
投稿日時:2011-09-03 08:50:16
医療・健康

遠藤龍地 えんどうりゅうち

遠藤龍地の回答

共に歩みましょう

 私たちは「嘘をつく」と言いますが、〝嘘をつくことにしよう〟と考えた上で嘘を口にする人はあまりおられないのではないでしょうか。
 つまり、往々にして、嘘は〈ついてしまう〉ものであることが多いと思われます。
 このことから、気づかされます。
 ──自分の中の誰かが、私に嘘をつかせている、嘘をつきたくないのに……。

 嘘をつかないようにしようと誓う〈自分〉がいます。
 それは、表面の心のはたらきの中に表れた〈高い人格を求める自分〉です。
 これを「自分A」としましょう。
 一方、つい、そうしようと願ってもいないのについ、嘘をついてしまう〈自分〉がいます。
 それは、表面の心のはたらきの中に表れた〈表面を繕うように習慣づけられている自分〉です。
 これを「自分B」としましょう。

 「自分B」は、小さな頃、何かあるたびに親がかばってくれた、あるいは、何かのきっかけであなたが自分への言い訳を覚え、本当の自分は悪い子ではないんだと思うようになったとか、さまざまな人生の経過によって知らぬ間に創られた自分です。
 それに対して「自分A」は、どこかの時点で「自分B」に気づき、罪悪感や嫌悪感などを感じて、これではいけないと目覚めました。
 また、高い人格を持った人がいることや、善い行動による満足感や幸福感などを知り、そうした生き方に徹する人になりたいと心から願ってもいます。

 二つの自分がどこにあるかと言えば、表面の心の下にある蔵識(ゾウシキ…心理学の潜在意識に近い)という心にあります。
 人生の歴史を蔵のように宿している場所で、普段、その存在は意識されません。
 しかし、私たちの行動も、言葉も、心も、そのほとんどはそこからの指令ではたらきます。
 たとえば、好きな人にバッタリ出会ったら、心も顔も輝きます。
 たとえば、魚の腐った匂いを嗅げば、反射的に顔を背けます。
 それは、蔵識にある情報が反射的にそうした行動をとらせるからです。

 さて、今のあなたが悩んでおられるのは、蔵識にある「自分A」のはたらきが、まだ充分に「自分B」のはたらきを抑えられるまで大きくなってはいないからです。
 その理由の一つは、〈自分可愛さ〉があるからです。
 厳しく言えば自己中心の心となりますが、これは誰にでもあります。
 人間が一つの肉体を持った生きものである以上、この心があることは避けられません。
 肉体は成長を終えれば死へ向かうようにプログラムされている一方、心は、基本的に生を求めるようにプログラムされているからです。
 そうした自分可愛さがある以上、あなたが自分を大きく見せたいといった気持になるのは当然であり、それはあなただけのことではないので、あまり罪悪感のようなものは持たないでください。
 ただし、これではいけないと嫌悪感を持ち、「自分B」を克服したいと願い続けることはとても大切です。

 では、どうするか?

 一つはこうした心のしくみを理解し、「自分A」を育てて行けば、いつかきっと「自分B」がほとんど表面の心へ影響を及ぼさない日が来ると信じて進むことです。
 ちなみに、すべてを失って出家したばかりの私へ、師は指示されました。
 「今年の目標は、『言い訳をしないこと』にしましょうか」
 あなたにとっての自分可愛さは、自分を大きく見せたい嘘として表れることが多いようですが、私にとっての自分可愛さは、言い訳だったのです。
 もちろん今も、私の言い訳癖は完全に克服されてはいませんが、悩みをもたらすほどの影響力は失いました。
 だからといって、そのための特殊な修行をムチャクチャにやったわけではありません。
 知って、理解し、信じて、目標をゆるがせにせず、生きてきただけのことです。
 こうした自分の成り行きを体験しているので、あなたにもきっとできると確信しています。

 具体的な方法の第一は、さきほど書いたように、「自分可愛さは誰にでもある」と知って、あまり、自分を責めないことです。
 第二には、心を大きな入れものと考え、そこに濁った水である「自分B」があるのは仕方ないけれども、清らかな水である「自分A」がどんどん溜め込まれて行けば、相対的に心の水は清らかなものになって行くとイメージするのです。
 第三には、〈自分〉と考える表面の心は、一瞬一瞬という無数の点によって出来上がっている一本の糸のようなものであり、糸になっている意識には、一度に一つの点しか現れないとイメージするのです。
 「自分A」を白い○、「自分B」を黒い●としましょう。
 誰も全部○であることはなく、●であることもありません。
 だからあなたの糸がだんだん○で埋め尽くされて行けば、たまに●が出てきたとしても、あなたはもうほとんど「自分A」なのです。
 忘れた頃に●が顔を覘かせても気にする必要がないのです。

 あなたがこうして自分をありのままに見つめ、善くありたいと願い、悩んでいるのは、もう、仏神の救いの中にいることです。
 だから、きっと、み仏の教えに基づく上記の内容は、紙に水が沁み込むようにあなたの心へ届くことでしょう。
 心の修行は一生です。
 風雨にさらされる時もあり、鳥の声や川のせせらぎにホッとする時もある一本道を、お互い「ヤッホー」と声をかけ合いながら進もうではありませんか。

※こうした人生相談が時折あるので、回答の内容だけ、ブログにも転載します、合掌

回答日時:2012-07-20

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ