コラム

 公開日: 2017-09-29 

共有持分権の放棄

固定資産税の負担が重いから,とか,古い家屋が倒壊しそうなので,責任をとられたくない,などといった理由で,所有関係から離脱したい,という相談があります。

そういう場合,やり方としてはいくつかあるのですが,簡単な方法としては,共有持分権の放棄という方法があります。よく相続放棄と間違えられるのですが,これとは違います。

たとえば,AさんとBさんが半分ずつ共有している建物がある場合,Aさんが共有持分権を放棄しますと,Bさん単独の所有となります。

放棄する方法については,法律に書いておりませんが,Bさんに放棄しますという書面を送ることで意思表示がなされたといえますので,それで十分です。

ただ,書面をBさんに送っても,それだけでは登記上もB単独の登記がなされません。Bさんと話し合って共同で登記申請するか,裁判をする必要があります。

登記するまでの間は,市町村は名義上の所有者に対して固定資産税を賦課します。ですから,市町村から課税されそうになった場合は,課税処分の取り消しを求める必要があります。でも,この共有持分権の放棄という手続はかなりマイナーですので,なかなか理解して頂けないと思います。

他の方法としては,共有物分割の方法があります。こちらも,話し合い又は裁判で解決します。こちらも分割をするのと登記をするのは別の手続となりますので,気を付ける必要があります。

この記事を書いたプロ

そよかぜ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 伊東満彦

宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル4階 [地図]
TEL:022-399-8421

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
伊東満彦 いとうみつひこ

あなたのその悩み、弁護士がきっちり解決します!(1/3)

 人は、生きていく上で、大なり小なりトラブルに見舞われるもの。たとえば、経済的な問題であったり、結婚生活の悩みであったり、相続問題、交通事故にあった、起こしてしまった…など、日常に起こりうるトラブルや困りごとを挙げたら枚挙にいとまがありませ...

伊東満彦プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

わかりやすい言葉で依頼人に説明できること

会社名 : そよかぜ法律事務所
住所 : 宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル4階 [地図]
TEL : 022-399-8421

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-399-8421

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊東満彦(いとうみつひこ)

そよかぜ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
債権回収会社からの古い借金,利用料の請求

相談の内容には,トレンドがあります。今,増えている相談は,10年前に借りた借金を今になって返して欲しいと...

[ 借金 ]

契約書の作成&チェック

企業経営をする上で,契約締結は日常的に行われていると思います。約款など決まり切った内容であれば,契約条項を...

危ない固定残業制

 使用者は、労働者に時間外・休日・深夜労働をさせた場合には、法所定の割増賃金を支払わなければなりません(労...

[ 労働 ]

交通事故と物件事故報告書

交通事故が発生した場合,警察は事故現場で何をするのでしょうか?それは、車の状況を確認し、当事者の言い分...

[ 交通事故 ]

財産分与の計算方法

離婚をする場合,相手方に対して財産分与を請求できる場合があります。離婚の相談は日常的に受けますが,その計算...

[ 離婚 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ