コラム

 公開日: 2015-07-22 

相続放棄が親戚の迷惑に!?

相続放棄をすると、誰が相続するの?

相続放棄をすると、「はじめから相続人ではなかったとみなされる」というご説明をしましたが、簡単にいうと相続人ではなくなりますので、他の相続人が、相続放棄をした人の相続分を取得することになります。

下記の相続関係図(表示した続柄は、長男・長女から見た関係です。)をもとにご説明しますと、仮に長男が相続放棄をすると、相続人は「母」と「長女」となり、「亡父」の相続財産をそれぞれ2分の1ずつ相続します。

それでは、長男に加えて、母と長女も相続放棄をした場合はどうなるのでしょうか。

この答えの前に、基本的な相続の知識を改めて確認しよう

相続には順位があることはお聞きになったことがあると思います。

具体的には、第一順位の相続人は「子(図でいう長男と長女)」、第一順位の相続人がいなければ第二順位の相続人である「亡父の父・母(図でいう祖父と祖母)」が相続人になり、、さらに第二順位の相続人もいない場合には、第三順位の相続人である「亡父の兄弟姉妹(図でいうおじやおば)」が相続人になります。配偶者は順位に関係なく相続人になります。

このことを踏まえて先の相続放棄の問題の答えは・・・?

長男も母も長女も相続放棄をした場合、亡父の配偶者に加えて第一順位の相続人がすべていなくなりますので、相続する権利は第二順位の祖父・祖母に移動します。

ここで、祖父・祖母も亡父よりも前にすでに他界している場合には、第三順位のおじさん・おばさんに相続権が移ることになります。

このように相続人の地位は、順に移っていきます。

借金があるからといって、気軽に相続放棄を選択すると、思わぬ人に迷惑をかけてしまうかもしれませんので、この点はお気を付け下さい。

相続放棄ができる期間にも注意しよう

なお、相続放棄ができる期間(熟慮期間)は「相続の開始のあったことを知った時から3ヶ月以内」ですが、上記のようなケースで、相続人の地位が順に移り変わっていった場合はどうなるでしょうか。

この場合、仮に亡父が亡くなったことを知っていたとしても、亡父の配偶者や子供たちが相続放棄をしなければ第二・第三順位の相続人は相続人ではありません。したがって、「相続の開始があったことを知ったとき」は、先順位の相続人が相続放棄をして「自分が相続人となったことを知ったとき」からとなり、亡父が亡くなってから3ヶ月以上が経過していても相続放棄の手続きをすることはできます。自分が相続人になったと分かりましたら、できるだけ早めに相続するか相続放棄をするかを検討して手続きを進めてください。
 

----------
相続の名義変更・税申告・相続対策・遺言書のことなら 

☆☆☆無料相談実施中です!☆☆☆

一般社団法人まごころライフサポート協会
仙台相続ラウンジ  仙台市青葉区一番町二丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階

〇 ご相談ご予約ダイヤル 0120-055-279

〇 WEB http://www.souzoku.miyagi.jp/

この記事を書いたプロ

行政書士法人 オフィス・チバ [ホームページ]

行政書士 鴇田誠治

宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL:022-724-7526

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金表(報酬額)

お手続きをご依頼いただきました場合の料金(報酬額)は以下のとおりです。(作成中)

主な取り扱い分野

主な取り扱い分野は以下のとおりです。(作成中)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鴇田誠治 ときたせいじ

相続に関する不安を取りのぞき、「争続」にしないための一歩を!(1/3)

平成27年1月に相続税が改正となり、また「エンディングノート」や「終活(人生の終わりをより良く迎えるための活動)」という言葉が近年注目され、相続や遺言への関心が高まっています。特に「相続」については、する側もされる側も漠然とした不安を抱い...

鴇田誠治プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

複雑な相続手続きを一つの窓口でスムーズに解決!

事務所名 : 行政書士法人 オフィス・チバ
住所 : 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL : 022-724-7526

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-724-7526

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鴇田誠治(ときたせいじ)

行政書士法人 オフィス・チバ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

全て、安心してお任せすることができました。

(お客様の声) 全て、安心してお任せすることができました。...

S・K
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書作成はどのように手続きが進みますか?

遺言書を作成するといっても、実際にはどのように手続きが進むのかご不安な点もあるかと思います。そこでここ...

[ 遺言書のこと ]

遺留分っていったいなんだろう?にお答えします!

今回は、ご相談の多い「遺留分」について解説してみたいと思います。 遺留分とは 遺言を作るときにあらか...

[ 相続のこと ]

意外に難しい!不動産の相続

相続財産と聞かれて、まず頭に思い浮かぶのは、預貯金と不動産(土地・建物)ではないでしょうか。さて、その...

[ 相続のこと ]

生命保険による相続対策の3つのメリット

生命保険というと、いくら保険金が支払われるのか、ということに目が行きがちですが、生命保険を活用することで相...

[ 相続対策のこと ]

自宅を妻に贈与した場合、税金はどうなりますか?

私名義の土地・建物を、今のうちに妻へ名義を変更したいのですが税金などはかかりますか? 配偶者への贈与は2...

[ 相続対策のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ