コラム

 公開日: 2015-08-10 

夫が遺言書を作ってくれていれば・・・ケース2

先日は、お子さんがいらっしゃらない方は、相続争いを未然に防ぐためにも遺言を書いたほうがいいですよ、ということを書きました

今回も同様に「遺言を残しておいたほうがいいですよ」という方をご紹介します

再婚をされている場合

相続手続きをご依頼いただく方の中には、亡くなった旦那さんとは再婚で自分はいわゆる後妻なんですが・・・という状況の方もいらっしゃいます

再婚をされている方で、「先妻との間にお子さんがいた」という方が死亡した場合、現在のご家族(現在の奥様とお子様)と先妻のお子さんが相続人になります

普段から連絡を取り合っていて、ある程度意思疎通が図られるような状態であれば相続トラブルになる可能性は減るかと思います

しかし、そうでない場合は遺されたご家族は前妻のお子さんとの間でトラブルになることもありえるのです
 

実際にこんな事例もあります

相続人は現在の妻(A)、Aさんとのお子さん(B)、先妻とのお子さん(C)という相続関係です

相続財産はマンションと数百万円の預貯金です

Cさんにどんな相続財産があるのかをお知らせして、Aさん、Bさんの意向のとおり

「相続財産は家族が今住んでいるマンションと預貯金しかないので、現在の妻のAさんにすべて相続させてほしい」といったことをご連絡しました

当初のCさんの意向は「預貯金のうち少しでも貰えれば・・・」ということでした

ところが!Cさんのお母様、つまりは先妻の方がここでCさんの意向をひっくり返してしまいます

「お父さんには何もしてもらってないんだから、法律どおりもらいなさい!」

マンションの評価額が高額なので預貯金をすべて渡すだけではどこにも足りません

このことをお伝えすると

「マンションを売ってそのお金を分ければいいじゃない!」

Cさんもお母様を無視することはできなかったようで、どんどん泥沼化していきました

最終的には弁護士さんにお願いして遺産分割調停で解決することになりました

Aさんはなんとかマンションを手放さずに済みましたが、数百万円を支払い、弁護士さんの費用も当然に支払いました

相続対策は元気な今のうちに!

この事例でもわかるとおり、このような相続関係の場合には奥様の生活が脅かされる可能性がでてきます

遺言書があるからと言ってもCさんの「遺留分」の問題は残りますが、遺言書とあわせて遺留分を担保するための生命保険に入るなどの対策によって、AさんやBさんの不安は解消されます

生命保険は年齢が高くなると契約できる商品数が減り、対策の幅が狭められることも考えられます

また、認知症などにより遺言書が作れなくなってしまえばので、もう対策のしようがありません

もちろん、先妻のお子さんにも確実に遺産を渡せるように・・・ということで遺言書を作られる方もいらっしゃいます

いずれにしろ、相続対策はできるだけ早く、元気な今のうちに手を付けましょう!
 

  
☆☆☆ 初回のご相談は無料です お気軽にどうぞ ☆☆☆

相続対策・相続手続き・終活のことなら! 

ライフパートナーズ行政書士事務所 代表行政書士 鴇田誠治

仙台市宮城野区二の森2番20号(七十七銀行幸町支店様向かい)

〇 ご相談ご予約ダイヤル 0120-668-130

〇 WEB http://http://www.yuigon.miyagi.jp/

  

この記事を書いたプロ

ライフパートナーズ行政書士事務所

行政書士 鴇田誠治

宮城県仙台市宮城野区二の森2番20号 [地図]
TEL:022-355-7023

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金表(報酬額)

お手続きをご依頼いただきました場合の料金(報酬額)は以下のとおりです。主な取扱業務・ご相談  初回は相談無料です          ※ 2回目以降...

主な取り扱い分野

▷ エンディングノートの作成サポート  いま、多くの人に注目されているエンディングノート。でも、どんなことを書くのか、  書くのは大変かなど分からないこと...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鴇田誠治 ときたせいじ

円満相続のための対策で家族が笑顔になれる終活・相続を(1/3)

「自分が旅立った後、家族は仲良く相続ができるのだろうか」。 そんな漠然とした不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。身体も頭も元気なうちに、家族が困らないように準備しておけたらいいな…と、一度でも考えたことがある方に、ぜひこの記事を...

鴇田誠治プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

「資産と共に心をつなぐ」終活と相続対策をお手伝いします。

事務所名 : ライフパートナーズ行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区二の森2番20号 [地図]
TEL : 022-355-7023

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-355-7023

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鴇田誠治(ときたせいじ)

ライフパートナーズ行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

今年の初めに母が他界…

Q)当事務所を利用する前にどんなことで悩んでおられましたか...

T・S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書作成はどのように手続きが進みますか?

遺言書を作成するといっても、実際にはどのように手続きが進むのかご不安な点もあるかと思います。そこでここ...

[ 遺言書のこと ]

遺留分っていったいなんだろう?にお答えします!

今回は、ご相談の多い「遺留分」について解説してみたいと思います。 遺留分とは 遺言を作るときにあらか...

[ 相続のこと ]

意外に難しい!不動産の相続

相続財産と聞かれて、まず頭に思い浮かぶのは、預貯金と不動産(土地・建物)ではないでしょうか。さて、その...

[ 相続のこと ]

生命保険による相続対策の3つのメリット

生命保険というと、いくら保険金が支払われるのか、ということに目が行きがちですが、生命保険を活用することで相...

[ 相続対策のこと ]

自宅を妻に贈与した場合、税金はどうなりますか?

私名義の土地・建物を、今のうちに妻へ名義を変更したいのですが税金などはかかりますか? 配偶者への贈与は2...

[ 相続対策のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ