コラム

 公開日: 2015-08-19 

未成年者がいる場合の遺産分割

未成年者が相続人となる場合はどうなるの?

未成年者が相続人となる場合の遺産分割では、親権者が未成年者を代理するのが原則です。

これは、判断力が未熟である未成年者を保護しようという考え方に基づくものです。

しかし、親権者と未成年者の利益が相反する(利益の対立する双方の立場を代理または代表している状態)場合には代理ができません。

親権者による一方的な利益誘導を防ぐ目的から、親権者が未成年者を代理することはできないことになっています。

この場合、家庭裁判所で未成年者の「特別代理人」を選任してもらう手続きをへた上で、選任された特別代理人と共に遺産分割を行うことになります。

特別代理人にはどんな人がなるの?

特別代理人は家庭裁判所が選任しますが、申立人が特別代理人候補者を指定して手続きすることも可能です。

未成年者の伯父・叔母や祖父・祖母などのような、身内の方を候補者に指定するケースが多いようです。

もしも、親権者が特別代理人を選任せずに、未成年の子どもを代理して遺産分割を一人で行ってしまった場合には、その遺産分割は無効になってしまいます。

それでは、親権者と未成年者の利益が相反する(利益相反)場合とは、具体的などのような場合をいうのでしょうか?

基本的には、以下の二つのケースが考えられます。

親権者も未成年者と一緒に相続人である場合

夫婦と未成年の子ども一人のご家庭で、夫が死亡すると、その相人は妻と未成年の子になります。

この場合、妻が未成年者の子を代理して遺産分割をできそうですが、法律は未成年者の保護を前提にしていますので、代理することはできません。

なぜかというと、母親が全て自分の名義に相続したり、子の相続分を少なくしたりできてしまうと、未成年の子の相続権が侵害されることになり、未成年者にとって不公正な遺産の分割になってしまうからです。

親権者と利益相反にはならないが相続人となる未成年の子が複数いる場合

例えば、夫婦と未成年の子二人がいるご家庭で、夫が死亡した後に、夫の父親(未成年の子からみると祖父)が死亡したような場合、その未成年の子どもたちは父親を代襲して祖父の相続人になります。

夫の父(祖父)が亡くなっても、母親は祖父の相続人ではありませんので、二人の未成年の子の親権者として遺産分割をできそうですが、実際にはできません。

未成年の子が複数いるというところがポイントで、複数の子の代理ができるとすると、一方の子の取り分を多くして、一方の子の取り分を少なくするといったような、不公正な遺産分割を行ってしまう危険性があるからです。

ですので、このような場合では、未成年者のうち一人の親権者として遺産分割協議に参加し、その他の未成年者には、特別代理人を選任してあげなければなりません。


私どもでは相続や遺言に関する皆さまのお悩みが解消できるよう無料相談を実施しています。

土日の1時間ほどを利用して、お悩みを少しでも解消・整理してみませんか?
もちろん平日相談をご希望の方も喜んで対応させていただきます!

無料相談のご予約は
フリーダイヤル 0120-980-206(ときた・ほんごう) または

画面左のバナーの【メールで問い合わせる】のボタンをクリックして
お名前、ご連絡先等をご記入の上【お問い合わせ内容】のところに「〇月○日××時に無料相談希望」と書いてメールをお送りください。折り返しお返事メールを送らせて頂きます。

※予約状況によっては日時・時間帯のご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

みなさまのご相談をスタッフ一同お待ちしております
どうぞお気軽にご利用ください!
 

----------
相続の名義変更・税申告・相続対策・遺言書のことなら 

☆☆☆無料相談実施中です!☆☆☆

一般社団法人まごころライフサポート協会
仙台相続ラウンジ  仙台市青葉区一番町二丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階

〇 ご相談ご予約ダイヤル 0120-055-279

〇 WEB http://www.souzoku.miyagi.jp/

この記事を書いたプロ

行政書士法人 オフィス・チバ [ホームページ]

行政書士 鴇田誠治

宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL:022-724-7526

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金表(報酬額)

お手続きをご依頼いただきました場合の料金(報酬額)は以下のとおりです。(作成中)

主な取り扱い分野

主な取り扱い分野は以下のとおりです。(作成中)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鴇田誠治 ときたせいじ

相続に関する不安を取りのぞき、「争続」にしないための一歩を!(1/3)

平成27年1月に相続税が改正となり、また「エンディングノート」や「終活(人生の終わりをより良く迎えるための活動)」という言葉が近年注目され、相続や遺言への関心が高まっています。特に「相続」については、する側もされる側も漠然とした不安を抱い...

鴇田誠治プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

複雑な相続手続きを一つの窓口でスムーズに解決!

事務所名 : 行政書士法人 オフィス・チバ
住所 : 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL : 022-724-7526

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-724-7526

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鴇田誠治(ときたせいじ)

行政書士法人 オフィス・チバ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

全て、安心してお任せすることができました。

(お客様の声) 全て、安心してお任せすることができました。...

S・K
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書作成はどのように手続きが進みますか?

遺言書を作成するといっても、実際にはどのように手続きが進むのかご不安な点もあるかと思います。そこでここ...

[ 遺言書のこと ]

遺留分っていったいなんだろう?にお答えします!

今回は、ご相談の多い「遺留分」について解説してみたいと思います。 遺留分とは 遺言を作るときにあらか...

[ 相続のこと ]

意外に難しい!不動産の相続

相続財産と聞かれて、まず頭に思い浮かぶのは、預貯金と不動産(土地・建物)ではないでしょうか。さて、その...

[ 相続のこと ]

生命保険による相続対策の3つのメリット

生命保険というと、いくら保険金が支払われるのか、ということに目が行きがちですが、生命保険を活用することで相...

[ 相続対策のこと ]

自宅を妻に贈与した場合、税金はどうなりますか?

私名義の土地・建物を、今のうちに妻へ名義を変更したいのですが税金などはかかりますか? 配偶者への贈与は2...

[ 相続対策のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ