コラム

 公開日: 2015-09-08 

生命保険による相続対策の3つのメリット

生命保険というと、いくら保険金が支払われるのか、ということに目が行きがちですが、生命保険を活用することで相続対策になるということをご存知でしょうか?

相続対策には、争族対策・納税資金対策・節税対策の3つがあると言われますが、生命保険にはこれら3つの対策を総合的に行なえるというメリットがあります。

そこで今回は、相続対策に生命保険を活用することによる3つのメリットをご紹介します。

1.遺産分割対策ができる

生命保険で支払われる死亡保険金は、相続財産ではなく、保険金の受取人としてしてされた人の固有の財産となります。

遺産分けの話し合いの対象になる遺産ではありませんので、相続人間でその扱いを話し合う必要がありません。

つまり、財産を渡したい特定の人がいる場合、その人へ確実に財産を分けることが可能になるということです。

遺産のほとんどが不動産であるような場合は、公平な遺産分割が難しくなることが考えられます。

このような場合に、不動産を相続しない人に不動産の価額に見合う生命保険金を渡すことでトラブル防止につながります。

遺言書がある場合などで、遺留分が問題になる場合には、遺言書で財産を渡す人に保険金を受け取ってもらい、その保険金で他の相続人が遺留分を請求してきた場合の資金とすることもできます。

なお、相続放棄をした場合であっても保険金を受け取ることは可能です。

2、納税資金対策ができる

相続税で一番の心配は、一体いくら納税するのか、ということだと思います。

そして、納税する金額が分かったら、どうやってその資金を準備するか、ということが問題になります。

相続税の納税は、基本的には申告期限までに納めることになりますので、相続が発生してから10ヶ月以内には資金を準備しなければなりません。

預金などを相続することで相続税を支払えるのであれば問題ありませんが、財産のほとんどが不動産である場合などは、資金の準備を事前に行っていないと、納税資金が準備できていないことも考えられます。

このようなときに、生命保険を利用することで納税資金を確保することが可能になります。

ただし、納税額の全額を生命保険に頼るのが難しい場合には、余剰の不動産があれば前もって売却をして、現金化しておくことを検討することも必要になるかもしれません。

いずれにしましても、納税資金対策を検討する場合には、事前のシミュレーションが非常に重要です。

3.財産評価を引き下げることができる

生命保険には非課税枠があります。

法定相続人1人につき500万円です。

法定相続人が4人いれば、500万円×4人=2000万円まで非課税となります。

例えば、2000万円の保険金を相続人が受け取ったとして、法定相続人が3人であれば、1500万円は非課税になりますので、
差額の500万円だけが相続税の課税対象となります。

これが、現金や預金で2000万円を持っていても、何の控除もありませんので2000万円がそのまま課税対象になります。

つまり、この預金を生命保険に変えることで、1500万円分の財産を圧縮して、結果として財産の評価額を引き下げる効果を持つことになります。

この非課税制度を上手く活用しておくことで、納税額を減少させることが出来ます。

生命保険による対策は早めに始めるのが吉

相続対策で生命保険を利用したいと思っても、一般的には告知が必要ですし、ご高齢になられるにつれ生命保険に入れなくなることも考えられます。

最近は、相続対策で生命保険を有効に活用してもらうため、引受基準緩和型や告知不要型、無選択型といった終身保険が各社登場してきています。

一定の条件をクリアすれば90歳まで加入できる保険もあるようです。

このようなことから分かることは、相続対策は、できるだけ早い時期に取り掛かることで期待する効果を得られる可能性が高まるということです。

当社におきましても、専門のスタッフがシミュレーションを行い、お客様に合った相続対策をご提案に対しておりますので、お気軽にご相談ください。

----------
相続の名義変更・税申告・相続対策・遺言書のことなら 

☆☆☆無料相談実施中です!☆☆☆

一般社団法人まごころライフサポート協会
仙台相続ラウンジ  仙台市青葉区一番町二丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階

〇 ご相談ご予約ダイヤル 0120-055-279

〇 WEB http://www.souzoku.miyagi.jp/

この記事を書いたプロ

行政書士法人 オフィス・チバ [ホームページ]

行政書士 鴇田誠治

宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL:022-724-7526

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金表(報酬額)

お手続きをご依頼いただきました場合の料金(報酬額)は以下のとおりです。(作成中)

主な取り扱い分野

主な取り扱い分野は以下のとおりです。(作成中)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鴇田誠治 ときたせいじ

相続に関する不安を取りのぞき、「争続」にしないための一歩を!(1/3)

平成27年1月に相続税が改正となり、また「エンディングノート」や「終活(人生の終わりをより良く迎えるための活動)」という言葉が近年注目され、相続や遺言への関心が高まっています。特に「相続」については、する側もされる側も漠然とした不安を抱い...

鴇田誠治プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

複雑な相続手続きを一つの窓口でスムーズに解決!

事務所名 : 行政書士法人 オフィス・チバ
住所 : 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL : 022-724-7526

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-724-7526

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鴇田誠治(ときたせいじ)

行政書士法人 オフィス・チバ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

全て、安心してお任せすることができました。

(お客様の声) 全て、安心してお任せすることができました。...

S・K
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書作成はどのように手続きが進みますか?

遺言書を作成するといっても、実際にはどのように手続きが進むのかご不安な点もあるかと思います。そこでここ...

[ 遺言書のこと ]

遺留分っていったいなんだろう?にお答えします!

今回は、ご相談の多い「遺留分」について解説してみたいと思います。 遺留分とは 遺言を作るときにあらか...

[ 相続のこと ]

意外に難しい!不動産の相続

相続財産と聞かれて、まず頭に思い浮かぶのは、預貯金と不動産(土地・建物)ではないでしょうか。さて、その...

[ 相続のこと ]

自宅を妻に贈与した場合、税金はどうなりますか?

私名義の土地・建物を、今のうちに妻へ名義を変更したいのですが税金などはかかりますか? 配偶者への贈与は2...

[ 相続対策のこと ]

遺言書作成サービスの種類と手数料

遺言書を作りたいけれど、自分でできるのか、どこに頼めばいいのか選べないそのようの方のために、当社の遺言...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ