コラム

 公開日: 2015-12-17 

健康寿命を過ぎると相続の対策は難しい?

健康寿命ってなんですか?


みなさんは健康寿命という言葉をご存知でしょうか。

健康寿命は、世界保健機関(WHO)が2000年に打ち出した概念です。

健康寿命は、ある人が死亡するまでの間に「健康でいられる期間」は何年くらいあるのか、という尺度です。

平成22年度の「健康日本21」の資料によると、男性の健康寿命は約70歳、女性の場合は約73歳です。

これに対して平均寿命はというと、平成23(2011)年現在で、男性が約80歳、女性が86歳となっています。

これは何を意味するかというと、平均寿命どおりに人生を過ごすと考えた場合に、男性の場合は最期の約10年間、女性の場合は約13年もの間「健康ではない寿命の期間」が存在する、ということです。



それではこの「健康ではない寿命の期間」はどのような状況かというと、すぐに想像されるのは認知症です。

認知症になると法律的な手続きはどうなるの?


日本では高齢化の進展とともに、認知症患者数も増加しており、厚生労働省の推計では、65歳以上の高齢者の認知症有病率は推定15%で、これは高齢者の7人に1人程度が認知症になるということを意味します。

ところで、相続の対策(争族対策・相続税対策・節税対策)を行なうためには、遺言書を作ったり、生前贈与をしたり、生前に不動産を売却したりなど、法律的な手続きが必要になります。

ただし、この法律手続きを行うためには「意思能力」が必要です。
意思能力は、ある行為をしようとする人が、自分のその行為による結果を理解して、そうすることを判断できる精神的な能力です。

例えば、不動産を売却する場合には、司法書士による本人の意思確認が、生前贈与のために預金を解約しようとしたら、銀行の職員による本人の意思確認が行われます。

ところが、認知症の方は(その症状にもよりますが)、この意思能力が不十分な方が多いですから、本人の意思確認ができませんので相続対策ができなくなってしまいます。

つまり、自分の考える相続を実現するため、そして家族に感謝される賢い相続対策を行なうためには、できるだけ早い時期から対策をスタートさせることが肝心です。

必ずしも認知症にはならないとしても、病気になってしまったり、体力の低下とともに気力もなくなってきてしまうと、相続対策など考える余裕もなくなってしまうでしょう。

元気な今だからこそ相続は対策ができる!


「元気なうちは相続対策なんてまだまだ大丈夫!」ではないのです。

健康で元気だからこそ相続対策ができるのです。

できることなら60歳代の後半、遅くとも健康寿命の70歳前後までには対策をスタートさせましょう。

このコラムでも、どのような対策があるのか、どのように進めたらいいかについて解説していきますので、どうぞお付き合いください。

もちろん、すぐにでも話しを聞きたいという方はお気軽にお問い合わせ下さいませ!

------------------------------------------------------------------------------
仙台・宮城の相続はオフィスチバ・グループにお任せください!
------------------------------------------------------------------------------
相続の名義変更・相続税申告・相続対策・遺言書の作成 その他相続のご相談

行政書士法人オフィスチバ ・ 税理士法人千葉会計事務所 ・ 司法書士法人千葉事務所

〇 本     店  仙台市宮城野区二の森2番20号 
〇 相続ラウンジ  仙台市青葉区一番町二丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階

ご相談ご予約ダイヤル 0120-055-279

WEB http://www.souzoku.miyagi.jp/
------------------------------------------------------------------------------

----------
相続の名義変更・税申告・相続対策・遺言書のことなら 

☆☆☆無料相談実施中です!☆☆☆

一般社団法人まごころライフサポート協会
仙台相続ラウンジ  仙台市青葉区一番町二丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階

〇 ご相談ご予約ダイヤル 0120-055-279

〇 WEB http://www.souzoku.miyagi.jp/

この記事を書いたプロ

行政書士法人 オフィス・チバ [ホームページ]

行政書士 鴇田誠治

宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL:022-724-7526

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金表(報酬額)

お手続きをご依頼いただきました場合の料金(報酬額)は以下のとおりです。(作成中)

主な取り扱い分野

主な取り扱い分野は以下のとおりです。(作成中)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鴇田誠治 ときたせいじ

相続に関する不安を取りのぞき、「争続」にしないための一歩を!(1/3)

平成27年1月に相続税が改正となり、また「エンディングノート」や「終活(人生の終わりをより良く迎えるための活動)」という言葉が近年注目され、相続や遺言への関心が高まっています。特に「相続」については、する側もされる側も漠然とした不安を抱い...

鴇田誠治プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

複雑な相続手続きを一つの窓口でスムーズに解決!

事務所名 : 行政書士法人 オフィス・チバ
住所 : 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1-2 NOF仙台青葉通りビル8階 [地図]
TEL : 022-724-7526

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-724-7526

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鴇田誠治(ときたせいじ)

行政書士法人 オフィス・チバ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

今年の初めに母が他界…

Q)当事務所を利用する前にどんなことで悩んでおられましたか...

T・S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言書作成はどのように手続きが進みますか?

遺言書を作成するといっても、実際にはどのように手続きが進むのかご不安な点もあるかと思います。そこでここ...

[ 遺言書のこと ]

遺留分っていったいなんだろう?にお答えします!

今回は、ご相談の多い「遺留分」について解説してみたいと思います。 遺留分とは 遺言を作るときにあらか...

[ 相続のこと ]

意外に難しい!不動産の相続

相続財産と聞かれて、まず頭に思い浮かぶのは、預貯金と不動産(土地・建物)ではないでしょうか。さて、その...

[ 相続のこと ]

生命保険による相続対策の3つのメリット

生命保険というと、いくら保険金が支払われるのか、ということに目が行きがちですが、生命保険を活用することで相...

[ 相続対策のこと ]

自宅を妻に贈与した場合、税金はどうなりますか?

私名義の土地・建物を、今のうちに妻へ名義を変更したいのですが税金などはかかりますか? 配偶者への贈与は2...

[ 相続対策のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ