コラム

 公開日: 2010-10-12 

潔く過ちを認める勇気。


本日はシャローム行政書士事務所の経営法務部門についてご案内いたします。
建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請や法人設立等の法務書類作成お行っております。是非お気軽にご相談下さい。


本日は、中村芳子さんの著書よりご紹介いたします。

聖書を読んで気づくのは、人は誰でも、どんなに偉い人物でも間違うということだ。
『創世記』に登場するアブラハムはイスラエル民族の祖として、またユダヤ教・キリスト教・イスラム教の信仰の父として尊敬されている。ところがとても人間的な罪を犯している。
エジプトを旅していた時、アブラハムは妻のサラに妹のふりをしてくれと頼む。美しい妻のために命を狙われてはたまらないと思ったのだ。おかげでサラは危うく王と結婚させられそうになるが神の介入で助かる。
しかし彼が過ちを認め、神に「ごめんなさい、もう二度としません」と心から悔い改めると許される。この原則は聖書全体を通して変わらない。
人は誰でも間違い、罪をおかす。大切なのはそれを隠さず誤魔化さず、潔く過ちを認めることだ。損害を与えたらもちろん償うべきだ。しかし償うだけでは不十分。心から悔いて初めて許される。
間違いをおかしたら、反省し、謝罪し、償い、許してもらおう。
そして間違えた人も許そう。人間だから。


中村芳子著『聖書88の言葉』(ダイヤモンド社)より


この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ