コラム

 公開日: 2015-09-05 

仙台の行政書士より150905心のメッセージ

 本日は、ワイズメンズクラブ国際協会東日本区第19会北東部会の記念講演でシャロームの会についてお話をさせていただきます。

 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。

 精神科医の和田秀樹先生は「自慢話をはじめたら要注意。それは老化の始まりです」と御著書『人は「感情」から老化する』(祥伝社新書)の中でおっしゃっていました。確かに自慢話は「昔、俺はこうだった」「私は苦労してやっとここまでになったんだ」と過去の話になりがちです。だから「老化の始まり」と言うわけです。
 その一方で聞くこちらの心が温かくなる自慢話もあります。トラウマ治療の日本の第一人者西澤哲先生が、講演で「最後に、自慢話をします」と宣言して、施設勤務時代のエピソードを話して下さいました。施設で育った子どもさんの一人が、西澤先生に「先生には子どもいないの?」と聞いてきたそうです。先生は「俺は、この仕事をしているから、いない方がいいかな」と答えました。すると、その子どもさんは「『お前の遺伝子残しておいた方がいいぞ。』と言ってくれて、とても嬉しかった」とのこと。確かに自慢話ですが、聴衆はみな感動しました。
 そこで、私は気がつきました。「自分はこうやって成功した」という話は、「あなたはできるかもしれないけれど、私はとてもまねできません」と聞く側の劣等感を刺激し、みじめな思いにさせます。一方「自分はこうしてもらった。こう言ってもらった」という話は、聞くこちら側の劣等感を刺激しません。むしろ話し手の謙虚さが伝わってきます。心が温かくなる自慢話の秘密はそこにあるようです。

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161210心のメッセージ

 本日は、シャロームの会メンバー交流会に参加いたします。 今日は、宮下雪子先生の言葉のご紹介です。...

仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ