コラム

 公開日: 2016-08-15 

仙台の行政書士より160815心のメッセージ

 本日は午前中、私の運転免許の更新を行ってきます。また午後は、メンバーのケア会議
に出席いたします。

 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。

 〈妻を救う言葉〉
 
 小学生になる娘さんは重い病気で入院しています。単身赴任のご主人は土日しか病院に行けません。いつも考えることは娘の花子ちゃんのこと。心配でたまりません。仕事しているときは、忙しさで少しは紛れるのですが、仕事が終わった途端、娘さんに付き添っている奥様に電話します。電話がつながるとご主人は開口一番「花子は大丈夫か?」と聞きます。娘さんのことを思うお父様の思いがヒシヒシと伝わってきます。
 ところが、ここ最近、電話の向こうの奥様の様子が変わってきました。返事が妙に冷たいのです。ある日、「いつも同じね。もういい!」とバチッと電話を切られてしまいました。ご主人は理解不能のその妻の言動。男性は、本当に鈍いところがあります。答えはご主人から、奥様へのねぎらいの言葉が一言もないことでした。
 奥様も分かっているのです。夫は娘さんのことで頭がいっぱいで妻である自分のことなんて眼中になり。それは仕方ない。でも、それでも夫から一言欲しい。自分だって、娘のことが心配で、毎日病室で娘の傍らで心張り詰めて過ごしているのです。そんな中で弱音を吐きたい気持ちを一番夫に分かってもらいたいのです。
 でも夫の第一声はいつも「花子は大丈夫か?」。そう言われてしまうと自分の気持ちなど話せません。欠けているのは「ママは大丈夫?」の一言。この一言で奥様は救われるのです。

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ