コラム

 公開日: 2011-01-08 

盾と矛の間


 本日は、NPO法人シャロームの会で運営しております精神障がい者の就労支援施設「太陽とオリーブ」の土曜日営業です。
 どうぞ皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 今日は金藤晃一先生の言葉のご紹介です。
【 「矛盾」の語源は中国の故事にさかのぼります。ひとり商人が、お客様を前に宣伝をしていました。まず楯を手に取り出し「この盾の堅いことといったら天下一です。どんな鋭い矛でついても壊れません」と声を張り上げました。そして今度は矛を取り出し、「この矛の鋭いことといったら他にありません。どんな盾でも一突きで突き破ってしまいます」と言いました。するとそれを聞いていた男が、「ならば、お前さんの矛でさっきの盾を突いたらいったいどうなるんだい?」この話から、理論的につじつまの合わないことを矛盾というようになったことはご承知のとおりです。
 しかし、なぜまさに矛盾したことをこの商人は言ったのでしょう?答えは簡単です。この商人は「盾も矛も売りたかった」のです。矛盾の背後にはその理由が隠されています。
 クライエントさんのお話をお聴きする度にその方の様々な矛盾に気づきます。「この『盾と矛の間』からどんな言わんとすることが伝わってくるだろうか」と心の耳を澄ませると、大切なメッセージが聴こえてきます。
 また、私は自分自身の矛盾も大切にしています。自分の矛盾の背後には、私が気付かなかった自分の本音が隠れているからです。矛盾に出会ったら、その盾と矛の間に隠れているメッセージを読み取りましょう。矛盾の中に大きな発見があります。】

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

仙台の行政書士より161204心のメッセージ

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。  今日は、石井希尚著 超訳聖書生きる知恵から一節を...

仙台の行政書士より161203心のメッセージ

 本日は、東京で開催されます日本財団主催の就労支援フォーラムに出席いたします。  今日は、軽井沢高原教...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ