コラム

 公開日: 2011-08-25 

相互理解の架け橋

 本日は、一般財団法人の設立と建設業許可申請に関するご相談をお受けいたします。

 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。

 岩手県の花泉が世界遺産認定に向けて一歩前進したというニュースは、大震災で疲弊した人々の心に大きな希望の光を与えています。
 ご承知の通り世界遺産を認定する組織はユネスコ(国際連合教育科学文化機構)です。ユネスコの基礎を作った人は実は日本人です。新渡戸稲造。以前の五千円札の顔になった人と言えばご存知の方もおおいのではないでしょうか。かれは、国際連盟事務次長として、1922年に国際知的協力委員会を創設しました。そのメンバーたるやアインシュタイン、キュリー夫人等そうそうたる有識者達。これが今のユネスコの前身なのです。ちなみに新渡戸稲造は岩手県出身。今回平泉が世界遺産にエントリーされたことは、歴史の不思議なめぐり合わせと言えるでしょう。
 新渡戸稲造は「我、大平洋の橋とならん」と自ら言ったように、生涯国際交流と平和のために命をささげた偉人です。彼は国と国、民族と民族が相互理解をするために二つの質問を大切にあしました。一番目は「どこが違うのか?」。それが分かったら、次に「どうして違うのか?」を考えてはじめて相互理解ができると彼は言いました。この二つの質問は、私たちの人間関係にも即活かすことができます。なかなか分かりあえない相手と自分は「どこが違うのか?」。そしてしてと自分は「どうして違うのか」。これが分かると、本当の意味で相互理解のかけ橋が架けられます。

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161211心のメッセージ

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。 今日は、石井希尚著 超訳聖書生きる知恵から一節をご...

仙台の行政書士より161210心のメッセージ

 本日は、シャロームの会メンバー交流会に参加いたします。 今日は、宮下雪子先生の言葉のご紹介です。...

仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ