コラム

 公開日: 2011-11-13 

命をかけても 勇気を出して果たすべきことがある

 今日は、中村芳子先生の言葉のご紹介です。


 2001年9月11日、アメリカ。ハイジャックされた飛行機はペンタゴン(アメリカ国防総省)をめざしていた。計画を知った乗客たちは、コックピットをテロリストから奪還することを決意、行動した。その結果飛行機は墜落したが、より大きな災害はまぬがれた。
 エステルはペルシャに住んでいたユダヤ人の孤児だったが、その美しさでアハシュエロス王(紀元前486年即位)の妃となる。王宮で暮らしていたが、ある日、ハマンという有力者がユダヤ人絶滅の計画を企て、すでに王の名でその命令を出したことを知らされる。
 従兄弟のモルデカイはエステルに「不思議な運命であなたが后(きさき)になったのは、今この時、民族の危機を救うためではなかったのか」と王の命令を変えてもらうように迫った。
 エステルはそれに応え、命をかけて行動し自分の民族を救った。
 平和な日本では「命をかけて」何かをするということは、ぴんとこないかもしれない。しかし今この時も、内戦やテロが起こっている国々で、日本人のジャーナリストやNPO職員、ボランティアワーカーが働いている。命がけで正しいと信じることをやっている。
 決断を迫られる時、正しいと信じる行動を選べる人間でありたい。


 「定めに反することではありますが、私は王のもとに参ります。このために死ななければならないのでしたら、死ぬ覚悟でおります」  エステル記4:16



この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ