コラム

 公開日: 2012-04-26 

パニック発作への対応

 本日は、障がい者福祉施設の研修会の講師として秋田県へ出張いたします。

 今日は、増田泰司先生の言葉のご紹介です。

 うつ病やパニック障害の方は、パニック発作を起こすことがあります。これは、突然強烈な不安感が襲ってきて、呼吸が必要以上に速くなり(過呼吸)、その結果、動悸やめまい、手足のしびれなどが起こって、身動きができなくなる症状です。
 呼吸を必要以上に行うと、血液中の二酸化炭素濃度が減少して、血液がアルカリ性に傾き、息苦しくなります。この時、脳が酸欠状態だと間違って認識し、さらに激しい呼吸を行い、ますます症状が強くなっていきます。これがパニック発作です。
 実はパニック発作で死ぬことはないのですが、本人は激しい動悸や息苦しさに、死ぬのではないかと恐れます。そのため、ますます呼吸激しくなり、症状が悪化するのです。
 また、いったん発作が起きるかと不安になり(予期不安)、これがまた発作を引き起こします。
 パニック発作が起きたときには、紙袋などを口に当て、呼吸の二酸化炭素を再吸入させましょう。また、うつぶせに寝かせるとか、膝を抱えてうずくまるとかして、胸や腹を圧迫し、激しい呼吸を鎮めましょう。
 また、そばにいる人は、背中をなでたり、「大丈夫だよ」と声をかけるなどして安心感を与え、不安を取り除いてあげましょう。


この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ