コラム

 公開日: 2012-08-04 

サモアでの話

 本日は、シャロームの会で心の障がい者の就労支援に関するご相談をお受けいたします。

 今日は、坂口明先生の言葉のご紹介です。

 「パパラギ」という本があります。サモアの酋長ツィアビがヨーロッパを訪れた際、彼の目にどう文明が映ったかという視点で書かれています。彼は、パパラギ(白人)は、“投げられた石のように人生を走る”と表現し、お金を“丸い金属と重たい紙”と呼び、「これがパパラギの本当の神様だ」と言います。そして、「パパラギは貧しい。だから物に憑かれている。物なしには生きられない。」と物質文明を批判します。
 実際には、ドイツ人のショイルマンという人が、ツィアビの名を借りて書いた本だというのが定説ですが、この文明批判は的を射ており、現代社会に住む者に、本当の幸せとは何かを考えさせてくれます。この本はドイツでは170万部も売れ、現在も世界中で読まれ続けています。
 今、ブータンのGNH(国民総幸福量)という考えが、注目を浴びています。目に見える豊かさよりもっと大切なことがあることに、現代人が気付き出したと言っていいでしょう。しかし実は、既に「パパラギ」の書かれた1920年頃には、「金銭や物質の豊かさによって人は幸福にはなりえない」という考えが存在し、それに共感す欧米人がたくさんいたことに驚きます。
 与えられたもので満足すること、それを隣人と分かち合うこと、そして、目に見えない豊かさを大切にすること。そこに、真の幸せが存在することを、「パパラギ」やブータンのGNHは私たちに教えてくれています。
 「幸せは、いつも自分の心が決める」(相田みつを)



この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161210心のメッセージ

 本日は、シャロームの会メンバー交流会に参加いたします。 今日は、宮下雪子先生の言葉のご紹介です。...

仙台の行政書士より161209心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と国籍帰化許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ