コラム

 公開日: 2012-11-04 

さすらいの心を忘れずに

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。

 今日は、前島誠先生のことばのご紹介です。

 わたしの先祖は、さすらいの一アブラムびとでありました。[申命記・26章5]

 申命記は、約束の地を前にしたモーセが、イスラエルの民に与えられた遺言という形式で書かれています。
 原典では〈アラミ・オヴェド・アヴィ〉、三語ともヘブライ語アルファベットの第一文字〈アレフ〉(A)で頭韻を踏んでいます。試みに音読して味わってみてください。
 「先祖」は原文の〈アヴィ〉(私の父)に当たります。文脈からはヤコブを指すとも言えますが、アラム出身のさすらい人という意味で、アブラハムと取るのが順当でしょう。
 〈オヴェド〉は「さすらい」ですが、原意は「はかないもの」を意味しています。
 さて聖書がモーセを通して、民にこう言えと命じた真意はどこにあるのでしょう。
 それはまず、先祖が宿無しだったことを自覚せよ、という教えでした。
 三十年前、新築祝いに来た同僚から「前島さん、墜落しましたね」と言われた覚えがあります。人は安住すると人間がダメになる―そう教えてくれたのでしょう。
 もう一つは、遊牧民の心を忘れるな、という警告と理解できます。羊飼いは杖一本のほか何も持たない。一定の土地にしがみつくこともなく、自由に荒野をさすらう―その気持ちを大切に生きよ、という教えでした。己れに引きつけて考えたいものです。


この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161204心のメッセージ

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。  今日は、石井希尚著 超訳聖書生きる知恵から一節を...

仙台の行政書士より161203心のメッセージ

 本日は、東京で開催されます日本財団主催の就労支援フォーラムに出席いたします。  今日は、軽井沢高原教...

仙台の行政書士より161202心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161201心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請とNPO法人設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、障がい者福祉...

仙台の行政書士より161130心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と医療法人設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーの...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ