コラム

 公開日: 2013-02-14 

悲しめるようになった

 本日は、仙南信金外3信金合同企業交流会へ出席するため、石巻へ行きます。また、夕方は東北学院仙台同窓会総会と新年交流会に出席いたします。

 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。

 最近、40代・50代の男性のクライエントの方が、カウンセリングの中で思わず涙されるという場面によく遭遇します。不覚にもといった感じで涙する男性たち。不意に流れる男性の涙に、正直、私自信驚きます。そして涙した本人もまた驚かれます。
 震災から一年以上経って、「ようやく悲しめるようになった」というのがその涙の理由だと私は思います。この一年数ヶ月、あわただしく様々なことをしなくてはならず、正直、悲しんでいる暇はなかった。弱音を吐いている場合ではなかった。「苦しんでいるのは自分だけではない。みんな苦しんでいるのだから、がんばらねばならない。」と、家族の長として、職場では後輩たちを励ましながら、男たちは必死で奮闘し続けてきたのです。
 しかし、震災から一年経って、無意識に封印してきた悲しみが、ようやく自分の意識に追いついてきたということなのでしょう。涙しながら、男性たちは、実はそれくらい“いっぱい、いっぱいだった”ことに気づき、驚くのです。
 その涙を通して、たとえそれが不快な感情だったとしても、色んな感情を味わえると言うことは、心の健康上とても大切なことだと教えられます。また、「悲しめるようになった」ということは、目の前の大きな問題をある程度乗り越えることができた事の証しかもしれません。「悲しんでいる人たちは、幸いである、彼らは慰められるであろう」(新約聖書)。

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

仙台の行政書士より161204心のメッセージ

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。  今日は、石井希尚著 超訳聖書生きる知恵から一節を...

仙台の行政書士より161203心のメッセージ

 本日は、東京で開催されます日本財団主催の就労支援フォーラムに出席いたします。  今日は、軽井沢高原教...

仙台の行政書士より161202心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161201心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請とNPO法人設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、障がい者福祉...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ