コラム

 公開日: 2013-06-20 

何をしないであげるか

 本日は、外国人技能実習生に入管法等の講習のため、栗原市にでかけます。

 今日は、増田泰司先生の言葉のご紹介です。

 お子さんのことで相談にいらっしゃる親御さんに対して、私はよく次のように質問します。「お子さんにどうなって欲しいですか?」すると「忘れ物をしないようになって欲しい」とか「同年代の人のように、普通に働いて欲しい」とかおっしゃいます。要するに、自立して欲しいと言うんですね。
 私は答えます。「では、お子さんがそうなれるように、邪魔しないようにしましょう。そのためには、今やっていることで、何をやめるべきだと思いますか?」
 たいてい、ここで話がすれ違います。親御さんは、子どものために何をすべきかを尋ねにいらっしゃるのに、私は何をやめるべきかを話題にするのですから。
 でも、多くの親御さんが、子どもの自立とは逆の関わりをしています。忘れ物をいちいち親がチェックして、子どもが自分で考えなくていいようになってしまっている。あるいは、30歳近い働いていない子どもに、求められるがままにたくさんの小遣いを与えて、働かなくても困らないようにしてしまっている……。
 「親として、子どもに何をしてあげるか」。もちろんそれは大切です。しかし、それと同時に、「何をしないであげるか」を考えるのも親の大切なつとめなのです。

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161204心のメッセージ

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。  今日は、石井希尚著 超訳聖書生きる知恵から一節を...

仙台の行政書士より161203心のメッセージ

 本日は、東京で開催されます日本財団主催の就労支援フォーラムに出席いたします。  今日は、軽井沢高原教...

仙台の行政書士より161202心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161201心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請とNPO法人設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、障がい者福祉...

仙台の行政書士より161130心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と医療法人設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーの...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ