コラム

 公開日: 2013-08-30 

一文字リフレーミング

 本日は午前中、建設業許可申請と相続申請それぞれのご相談をお受けし、午後は、シャロームの会でメンバー全体会と心の障がい者の就労支援相談会に出席いたします。

 今日は、髙木裕樹先生の言葉のご紹介です。

 「コップに水が半分」を「半分しか」と考えるのか「半分も」と考えるかで、かなり印象が変わります。「しか」を「も」に変えただけなのに、私たちの認知フレーム全体が変わるのです。他の例をいくつか紹介します。
 ①「今さら」の「さ」を「か」にする。「今さら、英会話」とは言わずに「今から、英会話」と言うとチャレンジしてみようか?という気持ちになります。
 ②「しか」を「なら」に変える。「500円しかない」と言わずに、「500円ならある」。するとあなたの脳は目の前の500円の有効活用方法を考え出します。「自分しかできない」と思うとプレッシャーを感じますが、「自分ならできる」と変換すると、プレッシャーが少しやわらぎ、自己肯定感も生まれてきます。実はこの「なら」は、一文字リフレーミングの「キーワード」の一つで、「奈良(なら)漬けにすると、自然と前向きになれる。」と言われています。
 ③「どうして、算数出来ないの!」と、「どうして」の直後には否定的なフレーズが続きやすいものです。「どうして」の「て」を「たら」にすると、「どうしたら、算数できるかな?」と自然と前向きなフレーズになります。
 ④「て」を「が」にする。「君でいい」と言うより、「君がいい」と言われた方が、相手はうれしいでしょう。一文字リフレーミングは、あなたの「こまった」を「よかった」に変えてくれます。

この記事を書いたプロ

シャローム行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 菊地茂

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL:022-293-3056

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊地茂 きくちしげる

人と地域を支えより良い社会を目指す、あなたの街の相談相手(1/3)

仙台駅東口からほど近いマンション内にオフィスをかまえるシャローム行政書士事務所。代表の菊地茂さんは、地方公務員や会社営業といったユニークな経歴を持つ異色の行政書士です。行政書士との仕事を始めたのは今から24年前。「実は、初めから行政書士を...

菊地茂プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

会社名 : シャローム行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-9-15 パークマンション305 [地図]
TEL : 022-293-3056

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-293-3056

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
仙台の行政書士より161208心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と産業廃棄物処理業許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、テ...

仙台の行政書士より161207心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と永住許可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、メンバーのケア...

仙台の行政書士より161206心のメッセージ

 本日は午前中、建設業許可申請と株式会社設立申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい...

仙台の行政書士より161205心のメッセージ

 本日は東京で開催されます「日本の福祉を考えるセミナー」に出席いたします。 今日は、金藤晃一先生の言葉...

仙台の行政書士より161204心のメッセージ

 本日は、仙台純福音教会の主日礼拝に出席いたします。  今日は、石井希尚著 超訳聖書生きる知恵から一節を...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ