>   >   >   >   >   >  自費出版について

コラム一覧 :自費出版について

1件~15件(46件)

過去の15件

時代はますます自費出版 ➊

イメージ

古い話で恐縮ですが、滝田京介(故人)という作家が、東北に面白い男がいると、私のことを書いてくれた 『時代はますます自費出版』 (昭和61年7月刊)と言う本がある。冒頭に「今回私は、東北の地で新しい自費出版の運動が始まっていることを知った。私はその運動の東北の中心人物... 続きを読む

自費出版について

2016-06-23

自費出版 ダブル70年記念

イメージ

今日(6/16)は、とても感動することがありました。30代のイケメン男性が、見覚えのある本を小脇に抱え来社されたのです。「この本はこちらさんで出版して下さったのですよね」『ダブル70年記念』(A5判160ページ、上製本丸背仕上げ、フルカラーPP貼、金箔押し)という... 続きを読む

自費出版について

2016-06-16

自費出版 創栄出版一押しコーナー

イメージ

是非検索してみてくださいね。創栄出版一押し、(創英ではないのでよろしくお願いします)。この度、とても素敵な写真集が出来ました。読む写真集 「過ぎた日々」 というタイトルです。新しい試みとして、作品の一部を動画で作成しました。著者の会澤健二さんは多彩な趣味をお... 続きを読む

自費出版について

2016-06-16

教養自分史を書き残そう

教養自分史書き残そう!●世界は自爆テロに揺れ、国内では、考えられない事件や凶悪犯罪が頻発し、多くの国民は憂いております。「昔は良かった」と懐かしむのではなく、体験や経験を積み教養を育んだ者こそ解る、社会の矛盾や出来事を今、書き留めなければ、日本の未来に希望は持てません。(少... 続きを読む

自費出版について

2015-12-02

明後日(11/5)に迫った自費出版相談会・特攻隊の話

今年、第18回を迎える日本自費出版文化賞に、弊社から6作品が入選しました。その中の 『暑い暑い喜界島の夏』 をお書きになったT.Yさんのお話を致します。特攻隊の生き残りとして70年間、目的を果たせず還ってきた悔いと憤りと懺悔の毎日、何故、本という形で残さねばならな... 続きを読む

自費出版について

2015-11-02

創栄出版㈱の リニュウアル ホームページ(HP)が完成

多くの皆様に大変ご迷惑をかけて来ました弊社のホームページが、ほぼ完成しました。駆け込み寺のようですが、弊社の考えや主旨が間違っていなければ、多少の訂正・修正は後まわしにするということで、掲載いたしましたので、何卒ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。HPの新ア... 続きを読む

自費出版について

2015-10-28

11月5日 2015 秋の生活相談会 是非ご参加お待ちします

「マイプロベスト宮城」 が主催する秋の生活相談会が来る11月5日河北新報社に於いて開催されますが、私のテーマは、「書き残すことの大切さ」 と          「終活エンディングノート」 の重要性を語ります。是非とも聞いていただきたいと思っています。最近の世情は ≪誰... 続きを読む

自費出版について

2015-10-20

両親を尊敬 40% 両親のようになりたい 20% 

親子関係が希薄になってきたデータの中で、「両親を尊敬しますか」という問いに、諸外国では全員、日本では40%というデータ、この数字が意味するものは何なのか大変気になります。この問題を来る11月5日のセミナーで掘り下げてみたいと思っております。また、「両親のようになり... 続きを読む

自費出版について

2015-10-19

2015秋の生活相談会 子孫の為に、書き残すことの大切さを

マイベストプロ宮城に参加して1年目、初めてのセミナーが、11月5日(木)に開催されます。私の持ち時間は、午後2時から2時50分の50分間。自費出版業40有余年、4000種類の出版物を手掛けて来て強く感じていることは、親子関係の希薄さです。≪なぜ、どうして≫ こうなってき... 続きを読む

自費出版について

2015-10-19

日本自費出版文化賞 入選作品 6 特攻隊の生き残り

イメージ

エッセー部門『暑い暑い喜界島の夏』著者の山田忠男さんは現在90歳。このご著書が弊社で3冊目の出版になります。初めて自分の思いを、特攻隊員としての思いを吐露されました。『無心』 を座右の銘としておられる山田さんは、この本を無心になって書きました。すべての雑念を捨... 続きを読む

自費出版について

2015-10-08

日本自費出版文化賞 入選作品 5 タップダンス

イメージ

エッセー部門『いま ここからを生きる』 ~七十一歳の生前葬ライブ~「七十歳になったら、タップを踏みながら自作の詩を朗読して、生前葬ライブをするのが目標でした」と、著者である 〈その あいか〉 さんが述べていますように、現在もタップと詩を愛好されているとてもモダン... 続きを読む

自費出版について

2015-10-08

日本自費出版文化賞 入選作品 4 俳句集

イメージ

詩歌部門句集 『林 棲 記』 俳句の世界は、奥が深く難しい。と言ってしまえばお仕舞いですが、私の母も、生前俳句をたしなんでいました。当時、親孝行のつもりで 《信仰の宮》 という句集を出版して差し上げましたが、親子だから解るというか、空気が読めるというのでしょ... 続きを読む

自費出版について

2015-10-07

日本自費出版文化賞 入選作品 3 活断層の研究

イメージ

研究・評論部門『活断層の誤解』 ~地震を起こさなかった野島断層、その実像を検証する現場写真と図解~「活断層が地震を起こしたことはない」 という著者・服部 仁さま。先生は、淡路島北部の被災状況および多数の活断層はじめ、長年にわたり、多くの地震と甚大被災地の相互関... 続きを読む

自費出版について

2015-10-07

日本自費出版文化賞 入選作品 2  日々の出来事

エッセー部門『今日… そしていま』 文学を愛し、国語教師として、妻として、母として、日々を過ごしてきた著者。表題が表すように、本書は自分の身近なところから題材を見つけて、書き上げた作品集です。夫のこと、生活のこと、政治のこと、経済のこと、社会の動き、女性ならではの... 続きを読む

自費出版について

2015-10-07

日本自費出版文化賞入選作品 1部  ホームレスが…

イメージ

エッセイ部門『ホームレスがハワイに別荘を買った』~ウソのようなホントの話~著者自身が68年の人生を振り返り、波乱に富んだその生き方の中に、自分を見つけておられます。生きる術のヒントがありそうです。ハワイに別荘を買うまでの生きざまが凄い。著者の松田照夫氏は... 続きを読む

自費出版について

2015-10-06

1件~15件(46件)

過去の15件

RSS
自費出版について
各種洋綴じ

「安い費用で出版したい」と思うのはどなたも一緒です。もしも、出版は高いものだと諦めていらっしゃる貴方、貴女・・・、少々私の話を聞いてからでも遅くはありま...

料金案内
イメージ

H28.3.17新しい価格表が完成いたしました。お原稿を3種類 ①完成データ原稿  ②手書き原稿  ③オンデマンド出版フルカラー印刷に分類し、それぞれの価...

 
このプロの紹介記事
新出安政 しんでやすまさ

本を創る楽しさと感動を あなたも体験してみませんか?(1/3)

 突然ですが、みなさんは自費出版にどんなイメージをお持ちでしょうか? もちろん、大きな関心を寄せる方も多いとは思いますが、その多くはかつて記者が抱いていたような「とてもお金がかかる」「立派な人生を歩んだ人が出す自叙伝」「お金持ちの道楽」…と...

新出安政プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

40年余の豊富な経験と体験から懇切丁寧なアドバイス。

会社名 : 創栄出版株式会社
住所 : 宮城県仙台市若林区五橋3-5-65 [地図]
TEL : 022-267-5935

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-267-5935

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新出安政(しんでやすまさ)

創栄出版株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
人生を豊かにする自分史を書くために
イメージ

自分史を書くと人生が豊かに変わると言いますが、それは何故でしょうか?自分史とは、その名の通り自分の...

[ 自分史について ]

句集「林棲記」が、現代俳句協会賞にノミネート
イメージ

2月28日、小宮山 遠さんから嬉しい便りが届いた。句集 『林棲記』 が第14回 鬣 TATEGAMI  俳句賞を頂...

[ 本の紹介 ]

自費出版  久方ぶりに表紙絵を描かせて頂いた
イメージ

 『湯の岳の隼』 は、福島県いわき市在住の児童文学作家・佐竹令子さんが、『湯の岳』(いわき市に在る600...

[ 本の紹介 ]

自費出版・自分史フェスティバルに新商品発表
イメージ

来る8/7=大井町きゅりあん9/16~22=日本橋三越本店において、自分史フェスティバルが開催されますが、...

震災3.11『その後のわたし』 原稿募集
イメージ

「あの日のわたし」(2011.10.11刊)を発行して早や4年になろうとしています。その震災を語り継いでゆくため...

[ 取り組んでいる本 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ