コラム一覧 :徒然なるままに

1件~15件(33件)

過去の15件

祭り

イメージ

今年のお盆は、故郷の能登半島へ行ってきた。能登は「祭りの国」であると評するほど、集落ごとに祭りがある。お盆になると、自然に、ナチュラルに、太鼓のリズムが出てくる。デデレンコ デンコデン デンデレコデン~血が騒ぎ、肉躍るというやつだ。小さなときから、それはそれ... 続きを読む

徒然なるままに

2016-08-30

ちょっとひと息

8月を迎えて、いよいよ夏本番。皆様はいかがお過ごしでしょうか?今日は趣向を変えて、このコラムで過去に掲載した記事を懐かしんでみては如何でしょう?一度読んだ記事でも、改めて振り返ってみると新しい発見があるかもしれませんよ?ときどき 【 く 】 が邪魔をするたった一... 続きを読む

徒然なるままに

2016-08-03

牛乳飲むと足太に?

今朝、街の内科医に行ってきた。待合室には、「NHK・今日の健康」という番組が放映されていた。夏の急病を防げ!というテーマである。熱中症を防ぐには、効果的なウオーク法があるという。急ぎ足で3分、歩調を緩めて3分。この繰り返しで1時間歩くと良いという。その効果は、熱中症... 続きを読む

徒然なるままに

2016-07-12

「疲れない人生より、疲れる人生の方がよい」  本田圭佑

サッカーで有名な、あの本田圭佑さんの言葉だ。「疲れない人生より、疲れる人生の方がよい」なんと素晴らしい名句だろうか。精一杯努力してきた人でなければ出てこない言葉だと思う。この名句の前に「何もしないで」という言葉と読点の後に「懸命に働いて」という言葉が付くの... 続きを読む

徒然なるままに

2016-06-30

河北美術展 Ⅲ

イメージ

洋画部門は、3人の先生方で審査をして下さる。その3人目の先生が、遠藤彰子さんである。「メッセージの強く出ている作品がいい」 ①「描きたいものを描く事が入選、入賞につながる」 ②「他の人が描く絵をみること」 ③「普遍性を捉える力を養ってほしい」 ④「新しい自分を取... 続きを読む

徒然なるままに

2016-04-22

河北美術展 Ⅱ

イメージ

きのう、審査員の村田省蔵さんのお言葉を書いたが、氏は、日展の顧問で金沢学院大名誉教授でいらっしゃる。本来「さん」づけするなど甚だ恐れ多いのだけれど、郷土が石川県という共通点から、親しみを以って「さん」づけにしたことを付記します。よって、以下「さん」づけとします。... 続きを読む

徒然なるままに

2016-04-22

どうにか受かった 河北美術展 

イメージ

絵を描き始めたのが65歳と遅いから仕方のないことだが、今年受かって5勝2敗。あと何年描けるか判らないから、先生方のお話を目ざとく吸収しようと心がけている。河北美術展審査員の洋画家・村田省蔵さんは、『何を描きたいかがきちっと見える作品が残っていく。8割方描い... 続きを読む

徒然なるままに

2016-04-21

一般会計96兆7218億円に思う

政府は24日の臨時閣議で、2016年度の予算案(96兆7218億円)を決定した。中身を見て、何とかならないものかと思案するのは私だけだろうか。収入源である自主財源が、予算案(96兆7218億円)の59.6%(57兆6040億円)しかないのである。不足分の39兆1178億円は、新規の国債発行と税外... 続きを読む

徒然なるままに

2015-12-25

孫に語ろう 貴重な体験や経験を!

晩酌が始まると、「うちのお父さん、同じことばっかり言って、辟易(へきえき)しているのよ」「うちもよ、南方戦線に赴いて辛かったとか、戦争の悲惨さを語るのよ」「また始まった…」各人部屋に散って行く…… これが現実。毎日のように聞かされては、誠に鬱陶しい話でありましょう。こ... 続きを読む

徒然なるままに

2015-12-02

切込焼記念館の 『切込焼と兵隊人形』 を拝観して感動

去る11/8、切込焼記念館(加美町ふるさと陶芸館)へ行って来ました。開館25周年の秋季企画展示を観て感動しました。また、文化財保護に力を注いでいる加美町の取り組みにも感激して参りました。感動とは、その人の持つ感性を、遥かに超えたものに出会ったとき、感動が生じると思っています... 続きを読む

徒然なるままに

2015-11-11

食の名産 鯉の甘煮

昨日妻と、天童に住む義弟の家に立ち寄った。ついでに米沢へ向かった。お昼を過ぎたが、ナビで鯉料理を探したところ、「鯉の宮坂」 と出た。米沢と言えば、米沢牛も有名だが、鯉の甘煮もまた有名だ。上杉家十代米沢藩藩主上杉鷹山公が、人々の健康を願って奨励した米沢鯉が今も尚、特別... 続きを読む

徒然なるままに

2015-10-26

初めての動画自分史

去る9月16日~22日、「自分史フェスティバル2015」 が日本橋三越で開催されました。21日の午後5時~6時の1時間、私に与えられたセミナーでした。この時紹介したのが、弊社の新商品で、書込式 【自分史・私のあしあと】 と書込式 【就活ノート・絆】 でした。セミナ... 続きを読む

徒然なるままに

2015-10-06

自分史と終活ノートの必要性

8月7日 東京大井町のきゅりあんに於いて、第3回の自分史フェスティバル2015が開催された。本部からの発表は未だないが、大勢の参加者で賑わった。次は9月16日~22日にかけて、日本橋三越本店に於いて、開催される。書込み式「自分史」と書込み式「終活ノート・絆」を販売。... 続きを読む

徒然なるままに

2015-08-12

若い人の自分史  立ち直れそうだ。

昨日(8/5)『三つ子の魂百までも』という自分史を読みました。著者は仙台市に住む25歳の女性です。3歳頃からの事が綴られています。 私の中の父の存在は、ただただ自分勝手で怖い人物でしかなかった。 私は3人兄妹の末っ子で、父は容姿で子供に順番を決めていた。 私は父の一番の... 続きを読む

徒然なるままに

2015-08-05

ジッと見つめる雉

早朝から雨です。5時半から山の草刈りを始めました。今日も雉は来てくれています。そぼ降る雨の中、土手に植えたブルーベリーの木々の間から、身動きひとつせず草刈る様子をジッと見ています。もう1時間は過ぎたというのに・・・今日も餌を忘れて来たなと思いつつ、冷たいだ... 続きを読む

徒然なるままに

2015-07-01

1件~15件(33件)

過去の15件

RSS
自費出版について
各種洋綴じ

「安い費用で出版したい」と思うのはどなたも一緒です。もしも、出版は高いものだと諦めていらっしゃる貴方、貴女・・・、少々私の話を聞いてからでも遅くはありま...

料金案内
イメージ

H28.3.17新しい価格表が完成いたしました。お原稿を3種類 ①完成データ原稿  ②手書き原稿  ③オンデマンド出版フルカラー印刷に分類し、それぞれの価...

 
このプロの紹介記事
新出安政 しんでやすまさ

本を創る楽しさと感動を あなたも体験してみませんか?(1/3)

 突然ですが、みなさんは自費出版にどんなイメージをお持ちでしょうか? もちろん、大きな関心を寄せる方も多いとは思いますが、その多くはかつて記者が抱いていたような「とてもお金がかかる」「立派な人生を歩んだ人が出す自叙伝」「お金持ちの道楽」…と...

新出安政プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

40年余の豊富な経験と体験から懇切丁寧なアドバイス。

会社名 : 創栄出版株式会社
住所 : 宮城県仙台市若林区五橋3-5-65 [地図]
TEL : 022-267-5935

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-267-5935

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新出安政(しんでやすまさ)

創栄出版株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
人生を豊かにする自分史を書くために
イメージ

自分史を書くと人生が豊かに変わると言いますが、それは何故でしょうか?自分史とは、その名の通り自分の...

[ 自分史について ]

句集「林棲記」が、現代俳句協会賞にノミネート
イメージ

2月28日、小宮山 遠さんから嬉しい便りが届いた。句集 『林棲記』 が第14回 鬣 TATEGAMI  俳句賞を頂...

[ 本の紹介 ]

自費出版  久方ぶりに表紙絵を描かせて頂いた
イメージ

 『湯の岳の隼』 は、福島県いわき市在住の児童文学作家・佐竹令子さんが、『湯の岳』(いわき市に在る600...

[ 本の紹介 ]

自費出版・自分史フェスティバルに新商品発表
イメージ

来る8/7=大井町きゅりあん9/16~22=日本橋三越本店において、自分史フェスティバルが開催されますが、...

震災3.11『その後のわたし』 原稿募集
イメージ

「あの日のわたし」(2011.10.11刊)を発行して早や4年になろうとしています。その震災を語り継いでゆくため...

[ 取り組んでいる本 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ