自費出版について

【講 座】  1.安い費用で出版を希望される方のために  (本作りの概要)

各種洋綴じ

「安い費用で出版したい」と思うのはどなたも一緒です。
もしも、出版は高いものだと諦めていらっしゃる貴方、貴女・・・、
少々私の話を聞いてからでも遅くはありません。
これから、費用の軽減策を何度かに分けてお話ししてみたいと思いますので、
お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

第1話  本づくりの工程分野は、大きく分けると4つに分けられます。

①原稿の整理、編集

②製版・印刷

③用紙

④製本

最も気になる出版費用は、

出版部数が多い少ないによって、費用のウエイトが異なってきます。
大まかな配分は、 ①  3分の1、 
           ②③で 3分の1、 
           ④  3分の1 と思ってください。
特に出版部数が少なければ少ないほど、①のウエートが高くなります。
その原理については、後で説明したします。

では、どうして安くなるかというと、

①の分野は、著者(お客様)が手伝えることにあります。
つまり、パソコンで原稿の整理と編集をし、印刷に掛けられるように作ってしまえばよいのです。

昔は版下(はんした)・台紙(台紙)を作成すると言いましたが、
その分野をパソコンでやってしまうのです。
その作業を著者に手伝っていただくことで、

「安い費用で出版できる」という事になるわけです。


①原稿の整理と編集

  最近の原稿は、手書きが20%内外、パソコン入力が80%内外になって参りました。
  昔(活版、写植、タイプの時代)は、手書き原稿が100%でしたから、業者に原稿を預けて
  本が完成するまで、お客様は原稿の校正を見るくらいで、殆ど関わる事が出来ませんでした。
  (この事が「出版は高いというイメージ」になったと思われます)

  パソコンが普及し、誰もが入力や編集ができるようになったので、
  原稿の整理と編集を手伝っていただくわけです。


②製版・印刷

  製版・印刷の分野は、原稿の整理と編集が完成し、量産することにあります。
  つまり、必要部数を印刷することになります。
  
  では、製版とは何か?、
  先ほど、版下・台紙と言いましたが、これを行き成り印刷機に掛けられませんから、
  この版下・台紙と印刷機にかける台紙(ハンコ)のことを製版と言っています。
  (少々言葉は粗いのですが)

余談(1)ですが、
  印刷方法が大変革をもたらしています。
  4、50年前までは活版印刷が主流でしたが、その後、水と油を利用したオフセット印刷となり、
  パソコンなどの普及により、製版分野を取り除いたダイレクト印刷となり、
  今日では、お客様のニーズに1冊からでも作りますという(極端ですが)オンデマンド印刷が行われております。
  
  弊社では、オフセット、ダイレクト、オンデマンド印刷を行っています。

余談(2)
  オンデマンド印刷というのは、トナーを使った印刷で、わかりやすく言うとコピー印刷です。
  オンデマンドとは、利用者の要求に応じてという意味だそうです。先ほど申しましたが、
  1冊から作れるのですが、
  一般的には10冊から注文に応じている会社が多いですね。


③用 紙

  本を作る場合、一般的に5~6種類の紙を使います。

  カバー表紙、表紙、見返し紙、本扉紙、口絵紙、本文紙などですが、
  本文紙(書籍用紙)は、なぜクリーム色なのかと言いますと、目が疲れない、目に優しい、裏文字が見えにくい
  などが挙げられます。
 
  紙の厚さをキログラムで表現しますが、全判1000枚で何キログラムあるか、例えば、コピー用紙は主に55キ  ログラム、または70キログラムが使用されていますし、書籍用紙は主に70キログラムが使用されています。


④製  本

  製本については、まず和本(日本)と洋本(外国)に分けられます。
  書店に並んでいる本の殆どは、洋本です。
  和本の種類ですが、5種類ほどありまして、日本人らしい趣があってしかも美的感覚のある綴じ方です。

  洋本は上製本(表紙が堅い)と並製本(表紙がやらかい)に分けられますが、

  上製本には、溝付き角背、溝付き丸背、突き付け角背、突き付け丸背、南京袋などがあります。

  並製本は、仮本と言われるのは、むかし西洋では、仮綴じ本の形で売られていたもので、それに頑丈な表紙         を付け、各家庭の保存本(上製本となった)にしたものと言われます。
         堅い表紙を付けないで保存したフランス装やガンダレ装があります。

新出安政(自分史・終活・自費出版のプロ)

創栄出版株式会社

  • 電話:022-267-5935 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:平日 8:00 ~ 17:00

    土・日・祝は留守電に切り替わりますので、お名前とお電話番号、お問い合わせ内容をお聞かせくださいますと、大変助かります。休み明けには必ずお電話を致します。
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい資料を請求したい

最近投稿されたコラムを読む
自費出版について
各種洋綴じ

「安い費用で出版したい」と思うのはどなたも一緒です。もしも、出版は高いものだと諦めていらっしゃる貴方、貴女・・・、少々私の話を聞いてからでも遅くはありま...

料金案内
イメージ

H28.3.17新しい価格表が完成いたしました。お原稿を3種類 ①完成データ原稿  ②手書き原稿  ③オンデマンド出版フルカラー印刷に分類し、それぞれの価...

 
このプロの紹介記事
新出安政 しんでやすまさ

本を創る楽しさと感動を あなたも体験してみませんか?(1/3)

 突然ですが、みなさんは自費出版にどんなイメージをお持ちでしょうか? もちろん、大きな関心を寄せる方も多いとは思いますが、その多くはかつて記者が抱いていたような「とてもお金がかかる」「立派な人生を歩んだ人が出す自叙伝」「お金持ちの道楽」…と...

新出安政プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

40年余の豊富な経験と体験から懇切丁寧なアドバイス。

会社名 : 創栄出版株式会社
住所 : 宮城県仙台市若林区五橋3-5-65 [地図]
TEL : 022-267-5935

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-267-5935

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新出安政(しんでやすまさ)

創栄出版株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
人生を豊かにする自分史を書くために
イメージ

自分史を書くと人生が豊かに変わると言いますが、それは何故でしょうか?自分史とは、その名の通り自分の...

[ 自分史について ]

句集「林棲記」が、現代俳句協会賞にノミネート
イメージ

2月28日、小宮山 遠さんから嬉しい便りが届いた。句集 『林棲記』 が第14回 鬣 TATEGAMI  俳句賞を頂...

[ 本の紹介 ]

自費出版  久方ぶりに表紙絵を描かせて頂いた
イメージ

 『湯の岳の隼』 は、福島県いわき市在住の児童文学作家・佐竹令子さんが、『湯の岳』(いわき市に在る600...

[ 本の紹介 ]

自費出版・自分史フェスティバルに新商品発表
イメージ

来る8/7=大井町きゅりあん9/16~22=日本橋三越本店において、自分史フェスティバルが開催されますが、...

震災3.11『その後のわたし』 原稿募集
イメージ

「あの日のわたし」(2011.10.11刊)を発行して早や4年になろうとしています。その震災を語り継いでゆくため...

[ 取り組んでいる本 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ