プロTOP:長野淳子プロのご紹介

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

長野淳子 ながのじゅんこ

ひと組ひと組心をこめた言葉で送り出す

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。

「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ。思いを言葉に乗せることの大切さを「言葉を心の窓にして」というキャッチフレーズに込め、イベントや披露宴等の司会業から、講演、朗読といった表現活動まで、言葉が必要とされるさまざまなフィールドで活躍されています。

中でも最も長く続けているのは司会業。
そのスタートは、長野さんが27歳の時に依頼された友人の結婚式の司会でした。当時の長野さんは、事務職で5年間勤務した会社を“ある悔しい思い”をして辞めたばかりでしたが、司会本を買い込み手書きの台本を作り、ただただ「おめでとう」の気持ちを込めて精一杯やったそうです。
披露宴がお開きとなった後、待っていたのは、新郎新婦の「ありがとう! あなたにお願いして良かった!」というひと言と、会場担当者から言われた「またお願いしたいので連絡先を教えて」という言葉。
「うれしかった! 自分にしか出来ない仕事が見つかった思いでした」。
それから現在にいたるまで司会を務めた披露宴のカップルは3000組。「披露宴は100組いたら100組違いますが、どのカップルも変わらないのは幸せのオーラに包まれていること。そのオーラのおすそわけをいただきながら、お客様に心地よく過ごしていただける場をしつらえることに、一回一回真剣に向き合ってきました」。

長野さんが披露宴の司会をする上で心に刻む言葉は“披露宴は一生に一度。決してやり直しがきかないことを肝に銘じるように”。司会の師匠から言われたというこの言葉を、長野さんは今、新人の司会者がデビューする時に必ず贈っています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 朗読は作品に声で魂を吹き込む作業

最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
T・N
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(21

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
職場体験 マナー教室の ご報告 
イメージ

 先頃、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー教室」 を行いました。H27年・H28年に続き、3...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H29年8月号)
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」8月は、以下の5作品を朗...

[ 朗読 ]

第15回 「朗読の日」 ご報告
イメージ

毎年6月に東京で開催される朗読会が、お陰様で今年も無事終了ました。これは、NPO日本朗読文化協会が主...

[ 舞台・ステージ ]

今年も マンドリンの演奏会で 司会をします!
イメージ

今年も マンドリンの演奏会で 司会をします!日本のマンドリン演奏家の中で、3本の指に入ると言われる、高橋五...

[ 司会 ]

「大人のための朗読講座」 8月10日 スタート!
イメージ

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ