コラム

 公開日: 2015-03-11  最終更新日: 2016-05-06

東日本大震災から4年|震災遺構の保存をめぐる「声の重み」

東日本大震災から4年の「今」

昨日、学生時代の友人と久しぶりに食事をしながら、4年前のあの日の話をした。
お互いそれぞれの仕事先でその瞬間に遭遇し、それぞれに過ごしてきた、これまでの日々を振り返った。

4年経った今でも鮮明に覚えていることに思わず涙し、
思い出そうとしてもどうしても思い出せない程、無我夢中に過ぎたあの頃に思いを馳せた。

「釜石の奇跡」 について

そしてあの日から4年が経った今日、朝日新聞の 「天声人語」 に、目が留まった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある所で起きたことを、地名とともに象徴的に表す言葉がある。
サッカー界に 「ドーハの悲劇」 があり、東日本大震災後は 「釜石の奇跡」 が広まった。
岩手県釜石市で小中学生が率先して避難し、ほとんど無事だったことをさす。

その陰の悲劇を、今まで知らなかった。

学校にいた児童全員が助かった鵜住居小で、
1人だけ職員室に残って犠牲になった女性事務員の事である。

犠牲になった女性の夫は、「釜石の奇跡」 という称賛を聞く度に、
妻の存在が消されるようでつらかったそうだ。
児童の親からの電話に備えて残ったらしい、としかわからない。

夫の思いをくんで、市は 「釜石の出来事」 と表現を変えたという。

震災は一人ひとりに、それぞれの形で降りかかった。
当たり前のことに、あらためて思いが至る。

あの日から4年。

時間の速度も万別だろう。歩む速度もまた、人それぞれだ。
立ち直る人のいる一方で、いまも惨に耐えるような心境の方もおられよう。

この日を節目に出来る人ばかりではあるまいが、ここは少しでも前を向きたい。
捧げる鎮魂の祈りとともに。

(2015・3・11付  天声人語より抜粋)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

震災遺構の保存をめぐる思い

数日前の新聞に、津波で児童ら84人が犠牲になった、石巻市の大川小学校の被災校舎について
住民集会でアンケートを行った結果、「震災遺構として保存する」 が多数となったことを受け
地区の総意として正式決定し、市に要望書を提出することになったと報じられていた。

震災遺構の保存をめぐっては、遺族や住民の間で
「教訓を後世に伝えるべきだ」 「つらい記憶がよみがえる」 など、賛否が割れ、
そうした中で行われた住民アンケートであり、その結果である。

市が、この要望書を受理して震災遺構として保存するかどうかは、まだわからないが
はやり、どちらかに決めなければならない時、多数決が有効なのだろうか?

一人の人の思いを酌んで 「釜石の奇跡」 を 「釜石の出来事」 に変えたように
数だけでは決められない 「声の重み」 もあるのでは・・・と私は思う。

これが、あの日から4年経った、私の思いです。
皆さんにとって、この4年はどんな年月でしたか? そして今皆さんは何を思いますか?


★「震災から2か月」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-34.php
★「被災地の人になって」 http://www.rodoku.org/news/201107rodoku.pdf
★「被災地での朗読ボランティア」 http://www.rodoku.org/news/2012spring.pdf
★「朗読ボランティアの報告」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-53.php

★「病院での朗読ボランティア」 http://www.minamitohoku.jp/topic/topic_201201.html
★「あの日から1年」 http://www.stage-up.info/person/cat1/1.php
★「あの日から1年半」 http://www.stage-up.info/person/cat1/1-1.php
★「朗読と涙」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-69.php

★「白いネクタイ」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-70.php
★「震災番組出演」 http://www.stage-up.info/person/cat1/311.php
★「忘れないということ」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-78.php
★「震災番組に思うこと」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-172.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

毎日の仕事の中で、おざなりになっているところに気付くことができました。

同じ職場であっても、所属部署によっては初対面の人もいて、 ...

F・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(14

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読劇 「口紅のとき」 満員御礼!
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ 主催の朗読劇 「口紅のとき」 を上演しました。今回の作品は、角田光...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ