コラム

 公開日: 2015-04-04  最終更新日: 2015-07-29

新幹線 こまちにて 上り編 ~春~

春の出会い

私は、月に何度か上京するため、新幹線を利用します。
乗るたびに毎回ドキドキしながら席に着き 「今日は当たり」 「今日ははずれ」 とつぶやきます。

3月も間もなく終わりというその日は、さすがに混んでいて、珍しく私は通路側の席でした。
仙台から乗り込んだ時には、すでに窓際の席には、若い女性が座っていました。

二十歳になるかならぬかの彼女は、今どきにしては珍しいほど飾り気のない服装で、
膝の前には大きなスーツケースが、そして膝の上の大きなリュックを大事そうに抱えています。

足をちじめて窮屈そうにしているので、リュックを上の棚に乗せたらいいのに、
スーツケースをデッキの専用スペースに置いたらいいのにと、私は思いました。

いつものおせっかいな私なら、きっとそうアドバイスしたと思うのですが、
なぜか、その日の私は何も言えませんでした。

それは彼女に、人を寄せ付けない、ピーンと張りつめた緊張感のようなものを感じたからです。

彼女は、参考書のような本を、抱えたリュックの上に広げて、静かに読んでいます。
そして、時折届くメールに、その都度丁寧に返事を打っているようでした。

その内に私は、いつものように、ウトウトしてしまいました。

しばらくして 「次は上野、上野です」 と言う車内アナウンスに目を覚ますと、
彼女は、降りる準備を始めていました。

「大学に進学?」 と、思わず声をかけてしまいました。
彼女は、一瞬驚いたように目を見張った後、少し笑って 「はい」 と答えました。

ほとんど化粧っ気のない顔に、ストレートの髪を無造作に束ねた彼女は、
「どちらから?」 と尋ねる私に、「岩手です」 と答えました。

彼女の顔に少し赤みがさして、さっきまで全身にまとっていた緊張感が、
す~っとほどけていくのがわかりました。
もっと早く声を掛ければよかったなと思っている内に、新幹線は上野駅のホームに滑り込みました。

リュックを背負うために立ち上がった彼女に、私も立ち上がって通路を開けながら、
「すてきな学生生活でありますように。行ってらっしゃい!!」 というと
彼女は 「ありがとうございます」 といって、笑顔を見せてくれました。

そして大きくひとつ深呼吸をすると、スーツケースを押して降りていきました。
そして、ホームに降りると、私の方を向いてぺこりとお辞儀をしました。

出会いと別れの言葉が行き交う春

「おめでとう」 「ありがとう」 「さようなら」 「がんばれ」 そんな言葉が行きかう季節。
春の息吹に背中を押されて、歩み出す時である。

「天声人語」 に載っていたそんな言葉を思い出しながら、
列車で偶然隣り合わせた、名前も知らない彼女の新生活に、幸多かれと祈りました。

そして、「今日はあたり」 と、小さくつぶやきました。


「新幹線の車中にて」 (はずれ編) http://www.stage-up.info/person/cat1/post-82.php
「新幹線の車中にて」 (上り編) その2 http://www.stage-up.info/person/cat1/-2-3.php
「新幹線の車中にて」 (下り編) その2 http://www.stage-up.info/person/cat1/-2-2.php
「新幹線の車中にて」 (下り編) http://www.stage-up.info/person/cat1/post-68.php
「新幹線の車中にて」 (上り編) http://www.stage-up.info/person/cat1/post-67.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【御礼】先日の個人レッスンではお世話になりました!

先日の個人レッスンの際には、さまざまなお心遣いをいただき...

Y・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

震災から5年、泉区の自宅の改修工事終了に伴い、この度事務所を移転することになりました。これまでの法務局向...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ