コラム

 公開日: 2015-04-20  最終更新日: 2015-05-17

朗読を楽しんでもらうための「作品紹介」|朗読ボランティア

昨年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
4月は、志賀直哉の 「転生」、川端康成の 「雪隠成仏」 を読みました。


朗読で大切なのは「作品紹介」

志賀直哉の 「転生」 は、気の利かない細君と癇癪持ちの夫の物語で、
生まれ変わったら今度は人間ではなく、同じ動物になって仲良く暮らそうと約束した
夫婦におきる出来事を、おとぎ話風に仕上げた作品です。

川端康成の 「雪隠成仏」 は、「花見のトイレ問題」 を題材にした作品で、
「貸トイレ」 でひと儲けしようとした夫に起こる事件を描いています。

いずれも 「明治の文豪がこんな作品を書いていたの?」 とちょっと意外な感じのする短編で、
どちらも 「夫婦物」 で、くすっと笑えて、ちょっと怖い落ちがついています。

朗読にあたって毎回考えるのは、作品の紹介の仕方。「落語のまくら」 のようなものです。
ちなみに、「雪隠成仏」 の紹介はこんな感じです。

川端康成 「雪隠成仏」の作品紹介

仙台にも、やっと桜の 「開花宣言」 が出されました。
「開花宣言」 が出されれば、いよいよ 「お花見」 のシーズン到来。
桜の木の下では、毎日のようにブルーシートの 「陣取り合戦」 が繰り広げられます。

桜を愛でながら 「飲めや飲めやの大騒ぎ」 となれば、当然のことながら行きたくなるのは 「トイレ」
近頃は、簡易トイレが設置されているところも、多くなっていますが、
それでも、どこのトイレも長蛇の列で、モジモジしながら順番を待っている光景をよく目にします。

この 「お花見のトイレ問題」 は、どうやら今に始まったことではないようで、
明治の文豪、川端康成が、この 「花見のトイレ問題」 を題材に、面白い作品を書いています。

「川端康成」 といえば、「雪国」 や 「伊豆の踊子」 などで有名な、
日本初のノーベル文学賞を受賞した作家ですね。

ちなみに 「トイレ」 は、実に様々な言い方がありますね。
皆さん、思いつくままに言ってみてください。(すると、次々と声が上がりました)

「WC」 「お手洗い」 「化粧室」 「お便所」 「御不浄」 「はばかり」 「厠」 「手水場」 そして 「雪隠」

そうです 「雪隠」 題名は 「雪隠成仏」
どうやら、「お手洗い」 で何やら事件が起こるようです。

それでは、お届けしましょう。  川端康成作 「雪隠成仏」

朗読の楽しみ方

今回は、皆さんから出た 「言葉」 をホワイトボードに書き出していきました。
耳で聞くだけでなく、目で見ることで、より楽しんで頂けたようです。

毎回、作品選びに始まって、登場人物の配役やBGMなど、
読む人も聞く人もお互いに楽しめるように、工夫していく事が大切と思っています。

そして読んでいる間の 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 や 「楽しかった」 の声。
「朗読して良かった~」 と思う一瞬です。

そうした声を励みにして、また次回へと進んでいきます。
私たちのできることとして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思います。


「チーム杜の音」 関連記事
◆ 朗読ボランティア 「チーム杜の音」 http://www.stage-up.info/cat6/post-60.php
◆ 今年も 「雛」 を朗読しました http://www.stage-up.info/person/cat1/post-235.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「言霊」 という日本語は、人間の言葉の力を表しているものだと思います。

言霊という日本語は、人間の言葉の(人格的な)力を表してい...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

震災から5年、泉区の自宅の改修工事終了に伴い、この度事務所を移転することになりました。これまでの法務局向...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ