コラム

 公開日: 2015-07-11  最終更新日: 2015-07-15

めでたい席での 「言霊信仰」

日本には昔から 「言葉には魂が宿る」 という 「言霊信仰」 があります。
つまり 「言葉には力があって、話す人の思いが言葉に宿り、その言葉通りの現実を運んでくる」
と考えられていたのです。

現代にも、この 「言霊信仰」 の名残りは存在し、例えば 「披露宴」 などのお祝いの席では
「不仲」 や 「離縁」 「不幸」 などを連想させるような 「縁起の悪い言葉」 を 「忌み言葉」 として、
使わないようにしています。

だいぶ前のことになりますが、披露宴でお祝いの歌を歌う予定のお客様がいらして
まだ、曲目が決まっていなかったので、スタッフの若い男性に
「お客様に曲目を聞いてきてください」 とお願いしたところ、彼はお客様の所に伺った後、
私のところにきて、大きな声で言いました。

「あのお客様は なくなりました」

これには、さすがの私も肝を冷やしました。私は大慌てで言い直しました。

「あちらのお客様は、唄を歌わないことになったのですね」

彼は一瞬キョトンとした後、ハッと気がついたらしく、慌てて言い直しました。

「そうです。あちらのお客様は、お歌いにならないそうです」

「無くなる」 は 「亡くなる」 を、連想させる 「忌み言葉」 です。
同じように 「行く」 も 「逝く」 につながるので 「いらっしゃる」 と言い換えます。

その他にも 「切れる」 「斬れる」 も 「忌み言葉」 ですから、「カット」 という言葉も使いません。
「ケーキカット」 は 「ケーキ入刀」 と言い換えます。

様々な 「忌み言葉」

その他にも、様々な 「忌み言葉」 があります。

「飽きる」 「あせる」 「失う」 「落ちる」 「返す」 「帰る」 「欠ける」 「枯れる」 「変わる」 「消える」
「崩れる」 「壊れる」 「裂ける」 「冷める」 「去る」 「倒れる」 「散る」 「つぶれる」 「出る」 「閉じる」
「流れる」 「逃げる」 「離れる」 「滅びる」 「負ける」 「戻る」 「破れる」 「病む」 「別れる」 「割れる」

なども、すべて 「忌み言葉」 ですので注意しましょう!!

とっさの時に言葉に詰まらないように、日頃から 「言葉の引き出し」 を増やすように努め、
普段の会話でも 「もっと別の言い方はないか」 と考えながら、
表現を工夫するトレーニングをしてきましょう!!



ステージ・アップの 「最新情報」 はこちら http://www.stage-up.info/cat6/6-1.php
長野淳子の 「ブログ」 はこちら http://www.stage-up.info/person/cat1/post-244.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

毎日の仕事の中で、おざなりになっているところに気付くことができました。

同じ職場であっても、所属部署によっては初対面の人もいて、 ...

F・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(14

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読劇 「口紅のとき」 満員御礼!
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ 主催の朗読劇 「口紅のとき」 を上演しました。今回の作品は、角田光...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ