コラム

 公開日: 2015-08-08 

「れ足す言葉」 に見る 「日本語の乱れ」

私は、テレビやラジオで間違った言葉づかいを聞いた時、即座に正しい言葉に言い直しています。
テレビやラジオにダメ出しして何になると思われるかもしれませんが、実はこれは大事なことなのです。

「言葉」 は耳で覚えます

間違った言葉を耳にしていると、いつしかそれに慣れてしまい、気がつくと自分も使ってしまうのです。
以前 『気になる日本語』 のコラムにも書いた 「ふいんき」 などは、その代表的なものです。

ですから、間違った言葉づかいを耳にした時は、できるだけ早く正しい言葉に直すことが大事なのです。
テレビやラジオにダメ出ししているのではなく、自分自身にすり直しをしているのです。

そうした中で、この頃特に気になるのが 「れ足す言葉」 です。

「れ足す言葉」 とは

「れ足す言葉」 とは 「~できる」 という可能の表現に本来必要ない 「れ」 を足した言葉のことで、
動詞の可能形 「行ける」 「書ける」 「出せる」 「飲める」 「読める」 などに 「れ」 を足して
「行けれる」 「書けれる」 「出せれる」 「飲めれる」 「読めれる」 とした言い方を指します。


若者に多い 「れ足す言葉」

「ら抜き言葉」 はかなり前から使われていて、年配の方でも使う人が多くなっているようですが、
「れ足す言葉」 はそれほど浸透しておらず、今のところは仲間内の会話や、インターネットの書き込みなど
若い人を中心に使われているようです。


「れ足す言葉」 は、間違った日本語

  
例えば、「履けれる」 は、可能の形 「履ける」 に、更に可能の 「れる」 を付けたもの。
「見れれる」 は、可能の形 「見られる」 を 「ら抜き」 にした 「見れる」 に、可能の 「れる」 を付けたもの。
どちらも二重の可能形なので、間違った日本語です。


日頃から 「言葉」 に対して敏感に!!

言葉は、揺れ、乱れ、変化します。
今後、若者だけでなく年配の方にも広まっていくのか、それとも自然消滅するのか興味深い所ですが
いずれにしても 『日本語の乱れ』 は、大人たちが、つまり祖父母・大多数の親・教師が
子どもたちにきちんと伝えていかなければならないことだと思います。

普段から 「言葉」 に敏感で、「正しい日本語」 を大事にしたいものですね!!

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

人と接する仕事をしているので、とても役に立ちました。

● 「第一印象」はとても大切だと思いました。 仕事で役立...

K・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

3.11 あの日の夜空
イメージ

 6年前の夜空 東日本大震災から 6年。6年前の、3月11日の夜空を再現したプラネタリウム 「星空とと...

[ 東日本大震災 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年2月号
イメージ

 平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」2月は、以下の5作品...

[ 朗読 ]

ある男性に言われた言葉 「顔は大丈夫ですか?」
イメージ

先日、久しぶりに芝居を観に行った時の事。見終わって席を立ち、ロビーに出るために階段を昇り始めた時、前...

[ 暮らしの中で ]

テレビ番組の言葉 「人はずっと成長していける」
イメージ

毎朝楽しみに見ている 連続テレビ小説。いよいよ終盤近くになり、新たな展開を見せています。そうした中で...

[ 言葉のちから ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ