コラム

 公開日: 2015-08-18 

「ゴタイテンのご準備をお願いします!」

お盆休み中、友人と芝居を観に行き、帰りに食事をした時のこと。
今観てきた 「芝居」 の話で盛り上がり、「もう一軒行こう!!」 ということになった。

時間は、夜の11時過ぎ。
お盆で休みの店が多く、開いていた 「串焼き屋」 を見つけて入った。
店の入り口には、「AM 0:30まで営業」 とあった。

「どなたかお身内にご不幸でも?」

席について注文した時から、その若い女性の店員さんは、とにかく愛想が無かった。
注文すると、それを機械に打ち込むだけで、注文を繰り返しもしなければ、
「わかりました」 のひと言もない。もちろん 「プライスレスの笑顔」 など、かけらもない。

飲食の客商売で、今どき珍しいなあ…と思いながら、
母が一緒だったら 「どなたかお身内にご不幸でも?」 と言うに違いないと思ったりした。

ちょうどAM 0:00 になった時、
くだんの 「店員さん」 が 「ラストオーダーのお時間です」 と、これまた無表情で言いに来た。
まあ、これはよくある光景なので、私たちはそれぞれに飲み物を追加した。
彼女は、相変わらず無言で、注文を機械に打ち込んだ。

AM 0:15 になった時、
くだんの 「店員さん」 が 「お会計をお先にお願いします」 と、これまた無表情で言いにきた。
まあ、これもよくある光景なので、私たちは支払いをして話を続けた。

そして、AM 0:25 になった時、
くだんの 「店員さん」 が、またもや無表情でやってきて、こう言った。

「間もなく閉店のお時間です。ゴタイテンのご準備をお願いします」


「不退転の決意」 という言葉は聞いたことがあるが、「ゴタイテンの準備」 は、初めて聞く言葉だった。
どういう意味かすぐには解らなかった私たちは、声を揃えて聞き返してしまった。

「ゴタイテンの準備?」

すると彼女は、表情を変えずにもう一度同じ言葉を繰り返した。

「間もなく閉店のお時間です。ゴタイテンのご準備をお願いします」

彼女が言う 「ゴタイテンのご準備」 が、「ご退店のご準備」 だと解かった瞬間
私たちは思わず大声で笑ってしまった。
つまり 「閉店時間だから、帰る支度をしろ」 と、言っていたのだ。

「もう終わりだから、帰れってことね」 と苦笑する私たちをよそに、
彼女は、同じ言葉を、店に残っていた他の3組の客にも次々に言って歩いた。もちろん、無表情で。

彼女に 「ご退店のご準備を~」 と言われた客たちは、一様に一瞬キョトンとした後、
思わず失笑し、そして、みなシラケた様子で次々と店を出て行った。

「客に対して失礼じゃないか」 とか
「もっと別の言い方があるんじゃないの?」 などと、文句を言う客は誰もいなかった。

私たちもそうだった。

一見丁重にお断りしているように聞こえるその言葉が、
思わず笑ってしまうほど、あまりに 「おかしな日本語」 で、文句を言う気にもなれなかったのだ。
せっかく楽しかった 「芝居の余韻」 を、そんな店員とのやり取りで、台無しにしたくなかったのだ。

私たちが最後に店を出ると、先に出た別の客たちが、店の前で話をしていた。
「まったく 『ご退店のご準備を~』 とはマイッタネ~」
「どうせなら 『ほたるのひかり』 かなんか流せばいいのに~」
「店のマニュアルなのかな?」
「【食べログ】 に書いちゃおか・・・」
「二度と来ないんだから、別にいいじゃん!」
彼らは、口々にそう言って笑った。

確かに、「閉店時間になっても酔った客が中々帰らなくて困る」 という店側の話は聞いたことがある。
でも同じことを言うのなら、せめて
「せっかくお話がはずんでいるところ、申し訳ありません。そろそろ~アレなもんで~」 ぐらいだったら、
お客の方も
「おやもうそんな時間?これは遅くまでごめんなさいね。それでは今日はこの辺で~」 になるだろうに・・・。

「丸い卵も切りようで四角 物も言いようで角が立つ」

昔の人は、実にうまいことを言ったものだ。
要は、どんな言葉をどんなニュアンスで言うかなのだ。

それにしても 「ご退店の準備を~」
これはしばらく 「マイブーム」 になりそうだ。



長野淳子の 「ブログ」 はこちら http://www.stage-up.info/person/cat1/post-259.php
朗読メンバーの 「ブログ」 はこちら  http://www.stage-up.info/contents/cat9/-7.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「言霊」 という日本語は、人間の言葉の力を表しているものだと思います。

言霊という日本語は、人間の言葉の(人格的な)力を表してい...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

震災から5年、泉区の自宅の改修工事終了に伴い、この度事務所を移転することになりました。これまでの法務局向...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ