コラム

 公開日: 2015-09-21  最終更新日: 2015-12-28

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (9月号)

昨年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
9月は、以下の4作品を朗読しました。


① 松谷 みよ子 文 「ぼくとわたしのみんわ絵本」 より 「ねずみのくれたふくべっこ」
② 瀬戸内 寂聴 訳 「今昔物語」 より 「平中をだました女」
③ 向田 邦子 作  「無名仮名人名簿」 より 「殴る蹴る」
④ 矢野 竜弘 作  「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


松谷 みよ子 文 「ぼくとわたしのみんわ絵本」 より 「ねずみのくれたふくべっこ」


「鶴の恩返し」 「きつねの恩返し」 など、民話の中で 「恩返し」 の話は多いもののひとつです。
その中でこの作品は、よくある 「恩返し」 の話とは、少々趣きが違います。
「可愛いねずみの話」 と思って読んでみたら、なかなかどうして 「奥の深い作品」 でした。

今回は、「民話」 や 「童話」 が得意な田中さんが、一人読みを担当。
絵本を皆さんに見せるのは、私長野が分担しました。


瀬戸内 寂聴 訳 「今昔物語」 より 「平中をだました女」


「今は昔」 に始まり 「・・・となん語り伝えるとや」 という結び方で統一される 「今昔物語」 は、
平安朝の末期に編纂されたと言われています。

今回は、瀬戸内寂聴さんの訳で、天下の色事師を焦がれ死にさせた、氷のような美女の話
「平中をだました女」 を、木村さんの一人読みでお届けしました。


向田 邦子 作  「無名仮名人名簿」 より 「殴る蹴る」


向田邦子さんは、機械の類はあまり得意ではなかったようで、
故障したり、動かなくなったりすると、思わず叩いてしまったとか。
物事に動じないクールなイメージの向田さんの 「意外な一面」 をのぞかせるエッセイです。

30年以上の年月が経っても、決して古びない向田さんの作品。
いつ読んでも、今読んだ気がする。そしてその都度新たな発見をする。
私が、向田さんの作品から離れられない理由は、恐らくその辺りにあると思います。


矢野 竜弘 作  「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えること そのひとつひとつが 本当は奇跡」 という言葉で結ばれています。
「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。


毎回、「作品選び」 に始まって、登場人物の 「配役」 や 「BGM」 など、
「読む人」 も 「聞く人」 もお互いに楽しめるように、工夫していますが
読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。





「杜の音通信 8月号」 詳しくはこちらをどうぞ!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/-9.php



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「チーム杜の音」 関連記事

◆朗読ボランティア 「チーム杜の音」 http://www.stage-up.info/cat6/post-60.php
◆「杜の音通信」(2月号) http://www.stage-up.info/cat6/post-72.php
◆「杜の音通信」(4月号) http://www.stage-up.info/cat6/-4.php
◆「杜の音通信」(5月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-48.php
◆「杜の音通信」(6月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-47.php
◆「杜の音通信」(7月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-7.php
◆「杜の音通信」(8月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-8.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会・朗読 メンバー
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

人とコミュニケーションをとる時のポイントを教えて頂けて ためになりました。

呼吸の仕方や、発声の仕方など 話すうえでの基本的なことを勉...

T・M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(21

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

3.11 あの日の夜空
イメージ

 6年前の夜空 東日本大震災から 6年。6年前の、3月11日の夜空を再現したプラネタリウム 「星空とと...

[ 東日本大震災 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年2月号
イメージ

 平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」2月は、以下の5作品...

[ 朗読 ]

ある男性に言われた言葉 「顔は大丈夫ですか?」
イメージ

先日、久しぶりに芝居を観に行った時の事。見終わって席を立ち、ロビーに出るために階段を昇り始めた時、前...

[ 暮らしの中で ]

テレビ番組の言葉 「人はずっと成長していける」
イメージ

毎朝楽しみに見ている 連続テレビ小説。いよいよ終盤近くになり、新たな展開を見せています。そうした中で...

[ 言葉のちから ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ