コラム

 公開日: 2015-09-28  最終更新日: 2015-10-01

「放送禁止用語」 と 「差別用語」 について

テレビ番組などで、CM明けや番組の終了間際に、
「番組放送中に、不適切な発言がありましたので、お詫びいたします」
というコメントが出されることがあります。

これは、番組放送中に出演者が、いわゆる 「放送禁止用語」 を使ってしまったための 「お詫び」 で、
時には 「先週の番組放送中に・・・」 と言われ、「先週いったい何を言ったの?」 と
妙に気になってしまうこともあります。

「放送禁止用語」 とは

「放送禁止用語」 といわれるものは、テレビやラジオといったマスメディアにおいて、
何らかの理由で 「差別用語として使用が禁止されている言葉」 を指すもので、
決して法によって明文化されたものではなく、「放送事業者の自主規制」 によるものです。 

「放送禁止用語」 の例と その理由と言い換えた言葉

★「お灸を据える」 ⇒ 東京都はりきゅう・あん摩指圧師会からの要請で ⇒ 「お仕置き」 「制裁」
★「将棋倒しになる」 ⇒ 将棋連盟からの申し入れにより ⇒ 「折り重なるように倒れる」
★「父兄」 ⇒ 男女差別につながるという理由で ⇒ 「父母」 「保護者」
★「土方」 ⇒ 職業的差別につながるという理由で ⇒ 「建設作業員」 「建設労働者」
★「しりぬぐい」 ⇒ 不快感を与えるという理由から ⇒ 「後始末」
★「めくらめっぽう」 ⇒ 視覚障害のある人に配慮して ⇒ 「やみくもに」 「手当たり次第」
★「つんぼさじき」 ⇒ 聴覚障害のある人に配慮して ⇒ 「かやの外」 「仲間外れ」

「将棋倒し」 がダメなら、本来倒すことが目的の 「ドミノ倒し」 ならいいのかしら?
などと突っ込みを入れるのは、いささか不謹慎だと思いますが、
ちなみに、「玉突き事故」 という言葉に対して、「日本ビリヤード協会」 は、
「特に差別用語としての使用禁止を求めない」 という見解を示しているそうです。

「差別用語」 への対応

確かに、身体の不自由な人や社会的弱者を侮蔑したり蔑んだりする言葉は、
人間として許されるものではありません。
また、時代と共に変化していく言葉の中には、現代において適切でない言葉も少なからずあると思います。

こうしたことに、メディア関係者は敏感になりすぎているきらいがあり、
以前、昔の映画がテレビで放映された時、セリフにいわゆる 「差別用語」 があったのでしょう。
そのセリフの声が消され 「クチパク」 になっていたのを見て、びっくりしたことがありました。

いくらなんでもそれはやり過ぎということで、現在では、放送の最後に
「作品の中に、現代において不適切な言葉がありましたが、
作品の内容を尊重するため、そのまま放送しました。ご了承下さい」
といったテロップが出されるようになりました。

「言葉」 には 「語源」 がある

例えば 「つんぼ桟敷」 という言葉は、
歌舞伎の二階桟敷の一番奥で、舞台の役者の声がよく聞こえない場所のことを言い、
「声が聞こえない桟敷」 から 「つんぼ桟敷」 という言葉が生まれたと言われています。

「言葉」 にはそれぞれに 「語源」 があり、それを知る事で歴史が見えてくることもあります。
ですから、それらの言葉を、安易に 「差別用語」 と言う言葉でひとくくりにして、
使用を禁じることに対しては、少なからず疑問をもちます。

大切なのは 「様々な立場の人への思いやり」

要は 「用語」 の問題ではなく 「対応」 の問題だということです。
つまり、「様々な立場の人」 に対する 「思いやり」 が大切だということです。

そう言った点から見れば、人種や宗教、性別、性的指向などに対する、憎悪に基づく差別的な言動の
「ヘイトスピーチ」 の方が、はるかに 「差別用語」 といえるのではないかと思います。

もちろん、不特定多数の人が見る 「番組」 と、街頭での 「ヘイトスピーチ」 とでは違いがあると思いますが
それこそ 「様々な立場の人への思いやり」 の面から言えば、どちらも同じではないかと思うのですが
皆さんは、どうおもいますか?

ステージ・アップの 「最新情報」 はこちら http://www.stage-up.info/

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

人を惹きつける話し方を 教えて頂きました

長野先生のレッスンは、とても楽しみにしていました。 話すこ...

J・O
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読劇 「口紅のとき」 満員御礼!
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ 主催の朗読劇 「口紅のとき」 を上演しました。今回の作品は、角田光...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ