コラム

 公開日: 2015-12-21  最終更新日: 2015-12-28

「サンタクロースの服」

「サンタクロースの服はなぜ赤いの?」

この質問に、生活総合誌 「暮らしの手帖」 の創業者の大橋鎭子さんが、
エッセイ 「すてきなあなたに」 の中で、こんなステキな答えを残しています。
ご紹介しましょう。

「サンタクロースの服」

小さいとき、クリスマスが一日一日近づいてくると、どんなに胸をはずませたことでしょう。
「ほんとにくるの?」
「エントツがなくても入れるの?」
「起きて見ていちゃダメ?」
「どうして赤い服を着てるって知ってるの?」
しまいに、うるさくなった大人は、
「早く寝ないと、サンタさんは来ませんよ!」
そう言われると、びっくりして、ふとんをかぶり、いつしか眠ってしまいました。

北ヨーロッパの冬の訪れは早く、クリスマス近くの頃は、あらゆるものが灰色に沈んでゆきます。
もうじきクリスマスというある日のこと、しんと静まりかえったロンドンの公園で、
私は、忘れがたいものを見ました。

氷になった池には、まるで真珠のように、かもめが池に張り出た棒くいに並んでいます。
私はからっぽのベンチに座りました。

音のない灰色の風景が、私の前に広がっていました。
その時です。池の向うの岸を、赤いものがふたつとび出してきました。

真紅のオーバーにくるまった、5つと7つぐらいの姉妹・・・。
赤いコートには、一人前に白いベルトをしていて、そのベルトの白が、コートの赤をひきたたせ
ふわふわと、さも暖かそうに見せています。

よく見ると、その子たちは、靴下も白、ブーツも白。
グレイ一色の公園の中に、二つの真紅。その美しさを想像して頂けるでしょうか。

その時でした。
突然、サンタクロースが、なぜ赤い服を着ているのかが、わかった思いがしました。

雪と氷に閉ざされて、あらゆる色彩を失ってしまう、北ヨーロッパの冬のさなかに、
人はどうしても、太陽の色をうつした燃えるような真紅の色、それを迷わずにサンタクロースに着せた。
その気持ちが、今わかったような気がしました。

この冬景色のなかに、やはり一点色をおくとすれば、それは赤よりないのです。

トナカイに乗ってサンタクロースは、今年も真紅の服を着て、北の国からやって来る。
いくら大人になっても、まだ私の心のどこかで、サンタクロースのいることを
信じていたい気持ちがのこっています。 (暮らしの手帖版「すてきなあなたに」より 抜粋)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が大橋さんのエッセイに出会ったのは、今から30年近く前のことです。

当時、初めて担当したラジオ番組の生放送で、オープニングの1分間のフリートークを考える時に、
季節の話題や日常の出来事への目のむけ方などをこの 「すてきなあなたに」 から、
たくさん学ばせて頂きました。

大橋さんの、物事に対する優しく温かい眼差しが、私は大好きで
これまで、朗読会などでもその作品を読ませて頂きました。

現在も、毎週水曜日にラジオ3で放送している私の番組でも、
大橋さんの 「すてきなあなたに」 を朗読しています。
これからも折に触れて大橋さんの作品を紹介していきたいと思っています。

大橋鎭子さんは2013年の3月に、93歳で亡くなりましたが、
来年4月から、大橋鎭子さんの生涯をモチーフにしたドラマ 「とと姉ちゃん」 が、
NHK の連続テレビ小説でスタートします。今から楽しみです!

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

話したり、分かり合えたりする瞬間は、やっぱり楽しいですね!

私は影響されやすいもので、長野先生の 「言葉のチカラ」 を...

S・T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読劇 「口紅のとき」 満員御礼!
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ 主催の朗読劇 「口紅のとき」 を上演しました。今回の作品は、角田光...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ