コラム

 公開日: 2016-01-25  最終更新日: 2016-10-26

食べ物への感謝を込めた 大和言葉 「余さずいただく」

作ってくれた人の思いも 「余さずいただく」

      
昭和ひと桁生まれの父は、食べ物を決して粗末にしない人でした。
戦時中の食糧不足を経験したせいもあるのか、
お弁当を食べる時も、いつも蓋に着いたお米から先に食べていました。

私は、父のそんな姿がなんだかいじましくて 「そんなの食べなくても」 といって、
父からきつく叱られたことを、今でも思い出します。

父は言いました。
「米粒ひとつ無駄にしてはいけない。 作ってくれた人の思いも余さずいただくこと」

「余さず」 は 「余すことなく」 から来た 「大和言葉」

「余さず」 は 「余すことなく」 から来た 「大和言葉」 で、
残してはもったいないと感じるものに対して使われることが多く、特に 「食べ物」 に多く使われます。
今の言葉で言うと 「完食」 にあたります。

現代は 「飽食の時代」

現代はまさしく 「飽食の時代」 日本国内における年間の食品廃棄量は、
食料消費全体の2割にあたる約1,800万トンと言われています。

このうち、売れ残りや期限切れの食品・食べ残しなど、本来食べられたはずの、
いわゆる 「食品ロス」 は、500万トン~800万トンとされています。

これは、我が国におけるお米の年間収穫量 (約850万トン) に匹敵し、
世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量 (年間約390万トン) を大きく上回る量なのです。

「もったいない」 の精神を大切に

この頃では、食べきれなかったものを、頼めばパックに詰めてくれるお店もありますが、
父と同い年の母は、バッグの中に小さな 「タッパア」 をいつも入れています。

出先で食事をして食べきれなかった時、それに入れて持ち帰るのです。
そして、家に帰ってから余さずいただきます。
(もちろん、生ものなど痛みやすいものや夏場など物が痛みやすい時期は、持ち帰りません。)

父と母の 「もったいない」 の精神は、見習いたいと思います。

「食べ物を大事にする」 気持ちを込めた大和言葉 「余さずいただく」
日本人が昔から育んできた精神として 「言葉」 だけでなく 「行動」 も一緒に身に付けたいものですね!




「大和言葉」 関連記事
「美しきかな大和言葉」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-233.php
「言霊の幸わう国」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-234.php
「嬉しゅうございます」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-236.php
「大和言葉 コラム一覧」 http://mbp-miyagi.com/stage-up/column/?jid=304

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

会場全体が耳となり演奏と朗読に集中していました。

スタッフの方々がエレガントで、お客様も落ち着いた層でした...

U・A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年4月号 
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」4月は、以下の4作品を朗...

[ 朗読 ]

「朗読ワークショップ」 のご案内
イメージ

今日は、ステージ・アップ主催の 「朗読ワークショップ」 のご案内です。★ 朗読ワークショップ 「イメージを...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

「小さな春を愛でる」
イメージ

今年も南から 「桜の便り」 が届き始めました。東京は、すでに満開とか。仙台は、4月半ばが見ごろのようで、今...

[ 暮らしの中で ]

新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

3.11 あの日の夜空
イメージ

 6年前の夜空 東日本大震災から 6年。6年前の、3月11日の夜空を再現したプラネタリウム 「星空とと...

[ 東日本大震災 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ