コラム

 公開日: 2016-04-12  最終更新日: 2016-05-06

大橋鎭子さんの桜への想い|『花ことば』

昨日は、季節外れの雪に満開の桜もきっとびっくりしたことでしょう!
桜の季節になると、必ず朗読するひとつの作品があります。

それは、大橋鎭子(おおはし・しずこ)さんの 「花ことば」 というエッセイです。

大橋鎭子さんは、生活情報誌 「暮らしの手帖」 の創刊者で、
4月から、大橋さんの生涯をモチーフにしたドラマ 『とと姉ちゃん』 が、
NHKの連続テレビ小説でスタートしています。

私のラジオの番組でも、大橋鎭子さんのエッセイ 「すてきなあなたに」 を紹介していますが
今日は、私の大好きなその一遍をご紹介したいと思います。

『花ことば』

     
四月、さくらの花の季節です。
三月、九州に咲きはじめた桜は、四月いっぱい北へ北へと進んで、
四月の末には東北から北海道へと、海をわたります。
 
その桜の花の咲くころはまた、移動性の高気圧と低気圧が代わる代わるやってきて、
陽気の変わりやすいころでもあります。

昨日はポカポカと暖かかったのに、今日は一転、冷たい風に、しまいかけた厚い上衣をまた・・・
空気もどんよりとよどんで、なにかするにも物憂く、咲きかけた桜もかすんでいます。

そんなとき、ふっと口にのぼってくることばがあります。
「花ぐもり・・・・・」
なにかしんどいお天気も、こうつぶやいてみると、そこに満開の桜のイメージが重なり、
くもった空も、心なしかのどかに感じられます。

ほかにも、桜の花が咲きそうな気配をいう 「花もよい」
咲き乱れる桜の花の白さのために、夜でもあたりが明るく見えることをいう 「花あかり」
桜が咲くころに突然にくる寒さをいった 「花冷え」 など、大好きな 「花ことば」 です。

満開の桜を、遠見のかすみに見立てた 「花がすみ」
川面に散った桜の花びらが、連なって流れていくのを 「花いかだ」
花を散らせる強い風も 「花あらし」 といえば許せる気がします。
そういえば、何十年も昔の幼いころに、友だちと 「花いちもんめ」 で遊びました。

いつごろから言われていることばでしょうか。
むかしの人は、まわりを見まわして、ゆたかな自然を暮らしにとり入れ
頭が痛くなるようなどんより曇った日にも、急な寒さの朝にも、美しさを見出しながら過ごしてきました。
いまその知恵を、しみじみと感じています。

花ぐもり 掃きだすあひだ 待ちにけり     久保田万太郎の句です。


暮らしの手帖社 発行 大橋鎭子著 「すてきなあなたに」 より 

大橋鎭子さんとの出会い

私が大橋さんのエッセイに出会ったのは、今から30年近く前のことです。

当時、初めて担当したラジオ番組の生放送で、オープニングの1分間の
フリートークを考える時に、季節の話題や日常の出来事への目のむけ方などを
この 「すてきなあなたに」 から、たくさん学ばせて頂きました。

大橋さんの、物事に対する優しく温かい眼差しが、私は大好きで
これまで、朗読会などでもその作品を読ませて頂きました。

大橋さんが亡くなられて、3年が経ちますが、
これからも折に触れて大橋さんの作品を紹介していきたいと思っています。

◆ステージ・アップの 「ホームページ」 はこちら http://www.stage-up.info/
◆長野淳子の 「ブログ」 はこちら http://www.stage-up.info/person/cat1/

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「朗読って奥深いですね!」

長野先生主催の朗読会「ライブリーディング ブーケ」を、拝...

E・Y
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(22

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読劇 「口紅のとき」 満員御礼!
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ 主催の朗読劇 「口紅のとき」 を上演しました。今回の作品は、角田光...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ