コラム

 公開日: 2016-05-06  最終更新日: 2016-07-24

朗読ボランティア 「杜の音」 通信 (4月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
4月は、以下の4作品を朗読しました。

① よみがたり 宮城の昔話 より 「ほうらじ山の山ナシ」
② 原田 宗典 作 「ぜつぼうの濁点」
③ 向田 邦子 作 「父の詫び状」 より 「お辞儀」
④ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① よみがたり 宮城の昔話 より 「ほうらじ山の山ナシ」 (朗読:小笠原清子さん)

この物語は、病気の母親のために、「ほうらじ山」 にある 「山梨」 を3兄弟が探しに行く話で、
地の文も会話も、すべて宮城の方言で語られます。

今回は、地元宮城出身の 小笠原清子さん が、とても上手に訛ってくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

② 原田 宗典 作 「ぜつぼうの濁点」 (朗読:田中憲子さん)

「昔むかしあるところに、言葉の世界がありまして、
その真ん中におだやかな、ひらがなの国がありました。」


こんな書き出しで始まるこの物語は、「ぜつぼう」 という言葉に付いていた 「濁点」 が
新たな主を求めて旅をするという、ひらがなの国でおきたふしぎなお話です。

今回は、昨年のステージ・アップの朗読会で、この作品を読んだ 田中憲子さん が
役に合わせて、たくさんの声を使い分けて、楽しく読んでくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

③ 向田 邦子 作  「父の詫び状」 より 「お辞儀」 (朗読:村山和子)

親のお辞儀を見るのは複雑なものである。
面映ゆいというか、当惑するというか、おかしく、かなしく、そして少しばかり腹立たしい。
自分が育て上げたものに頭を下げるということは、
つまり人が老いるということは避けがたいことだと判っていても、
子供としてはなんとも切ないものがあるのだ。


両親が見せてくれた 「お辞儀」 を通して、向田さんの家族への思いが温かく描かれた作品です。
今回は、向田さんが大好きという 村山和子さん が読んでくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

④ 矢野 竜広 作  「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」 (朗読:全員で)


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。
「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎回、作品選びに始まって、登場人物の配役やBGMなど、
「読む人」 も 「聞く人」 もお互いに楽しめるように、工夫していますが
読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

「杜の音通信 4月号」 詳しくはこちらをどうぞ!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/9-2.php


「チーム杜の音」 関連記事
◆朗読ボランティア 「チーム杜の音」 http://www.stage-up.info/cat6/post-60.php
◆「杜の音通信」(H27年2月号) http://www.stage-up.info/cat6/post-72.php
◆「杜の音通信」(H27年4月号) http://www.stage-up.info/cat6/-4.php
◆「杜の音通信」(H27年5月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-48.php
◆「杜の音通信」(H27年6月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-47.php
◆「杜の音通信」(H27年7月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-7.php
◆「杜の音通信」(H27年8月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-8.php
◆「杜の音通信」(H27年9月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-9.php
◆「杜の音通信」(H28年1月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28.php
◆「杜の音通信」(H28年2月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-282.php
◆「杜の音通信」(H28年3月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-3.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
T・N
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(22

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「大人のための朗読講座」 10月26日 スタート!
イメージ

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H29年9月号)
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」9月は、以下の5作品を朗...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ朗読会 12月3日㈰ 開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・・・・・いよいよ私の大好きな季節の到来です!皆様お変わりありませんか?さて今日は...

[ 朗読 ]

職場体験 マナー教室の ご報告 
イメージ

 先頃、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー教室」 を行いました。H27年・H28年に続き、3...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

第15回 「朗読の日」 ご報告
イメージ

毎年6月に東京で開催される朗読会が、お陰様で今年も無事終了ました。これは、NPO日本朗読文化協会が主...

[ 舞台・ステージ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ