コラム

 公開日: 2016-05-15  最終更新日: 2016-07-24

「地震は テレビの中のことだと思っていた」

「地震は テレビの中のことだと思っていた」

これは、熊本で被災した人の言葉だ。
きっと、本当にそう思っていたのだと思う。

「危ない!危ない!」 といわれていたのは 「南海トラフ」 だったし
熊本は今まで地震がほとんどなく、地元では 「地震がない」 ことをセールスポイントにして
企業誘致をしていたくらいなのだから。

東日本大震災で被災した東北の惨状を目にしても、それはやはり 「テレビの中のこと」
そう思ったとしても、それはきっと無理のないことなのだ。

そうした何の構えもない中に、最大震度7の強い揺れが、たて続きに2回も住宅を襲い、
火山地域の地質が地滑りを招き、市街地から山間部までの広い範囲に被害を及ぼした。

4月14日の前震で9名、16日の本震で40名の方が亡くなり、いまだ行方不明の人もいる。
車中泊でのエコノミークラス症候群などを含め、震災関連死の疑いがある人が19名にのぼるという。

熊本地震から、1か月

その熊本地震から、1か月が経った。
5月14日付の新聞によれば、電気は4月20日に、ガスは4月30日にそれぞれ復旧したが、
水道は、いまだ2700戸で断水が続いているという。

一時は18万人を超えた避難者は、1万人ほどに減ったというが、
まだまだ、生活や産業に深く影を落とす状況が続いている。

東日本大震災を振り返る

東日本大震災の時はどうだったろう。
当時のことを思い出すべく、私は5年前の手帳を開いた。
手帳には当時のことが、細かに記されている。

私の住む所は内陸で、津波の被害がなかったこともあり、
震災4日後の3月15日の夜に電気が、17日の午後に水道が、4月4日にガスがそれぞれ復旧した。

どれも、他県ナンバーの車に乗った方たちが、昼夜を問わずに力を尽くしてくれた。
皆、黙々と作業をして、帰り際には 「頑張ってください!」 と声をかけてくれた。
本当に 「ありがたい」 と胸が熱くなったことを、今でも思い出す。

更に、いま熊本で思うように進んでいないと言われている 「家屋の罹災証明」 は
我が家では1か月以上経った4月15日に申請し、調査員による判定調査が行われたのは5月18日。
そして、罹災証明書が発行されたのが5月27日。震災から2か月半が経っていた。

今こそ 東日本で学んだ知恵を 総動員する時

もちろん、東日本大震災と今回の熊本地震を単純に比べることはできないが、
今こそ、東日本大震災で私たちが学んだ知恵を、総動員する時だと思う。
何か、参考にしてもらうことはないか。少しでも、役に立つことはないだろうかと。

今回も、全国各地からたくさんの人たちが、ボランティアに参加している。
東北からも、たくさんの人が行っている。

被災地に行けない私は 「募金箱」 を見つけるたびに、せめてもという気持ちを込める。
小さい事ではあるが、今自分ができることをしていきたいと思う。

被災地の皆様、心からお見舞い申し上げます。
どうか、お身体をお厭いくださいますように。
穏やかな日常に、一日も早く戻ることを、心から祈っています。




熊本地震 関連記事はこちら
「被災2世帯に 市営住宅提供」 http://www.stage-up.info/person/cat1/2-3.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

これからの教員生活に生かしていきたいと思います!!

この度は、職場体験に向けた 「マナー講習会」 におきまして...

T・O
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読劇 「口紅のとき」 満員御礼!
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ 主催の朗読劇 「口紅のとき」 を上演しました。今回の作品は、角田光...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ