コラム

 公開日: 2017-08-28  最終更新日: 2017-09-26

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H29年8月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
8月は、以下の5作品を朗読しました。

① 川端 誠:作・絵 落語絵本 「たがや」
② たばた せいいち :作・絵 「さっちゃんのまほうのて」
③ 久世 光彦 :作 「触れもせで」~向田邦子との二十年~より 「おしゃれ泥棒」
④ 向田 邦子 :作 「眠る盃」 より 「字のない葉書」
⑤ 矢野 竜広 :作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


① 川端 誠:作・絵 落語絵本 「たがや」   




江戸の頃から、隅田川の花火は夏の一大風物詩。
両国橋は、すしづめの大混雑、川面も屋形船でいっぱいです。
長屋をあげての花火見物に、ひと月後には赤ん坊が生まれるというたがや夫婦も、出かけていきました。
花火の音が轟くなか、なんとおかみさんが産気づき・・・




夏のこの時期にぴったりの、 「人情噺」
江戸っ子のきっぷの良さと、落語調のテンポの良さを、
今回は田中さんが持ち前の明るさで、小気味よく表現してくれました。
杜の音の皆さんも、絵本を見ながら楽しそうに聞いて下さいました。


② たばた せいいち :作・絵 「さっちゃんのまほうのて」




この作品は、童話作家である田畑精一さんと
「先天性四肢障害児父母の会」 の野辺明子さん、志沢小夜子さんの共同制作によるものです。




読んだ後、思いのほかすがすがしい気持ちになれる、
子どもに関わる大人の方みんなに読んで欲しい作品です。

今回は、三浦さんが、障害への思いと親娘の会話を、優しい眼差しで読んでくれました。
杜の音の皆さんも、涙ぐみながら聞いて下さいました。


③ 久世 光彦 :作 「触れもせで」 より 「おしゃれ泥棒」




演出家であり、作家としても見事な作品を残した 久世光彦氏 による、
脚本家 向田邦子さん との思い出を綴ったエッセイ。
「触れもせで」 というタイトルが実に意味深です。




偶然にも今回伺った8月22日が、向田さんの命日だったこともあり、
「向田さんが大好き」 という村山さんが、思いを込めて読んでくれました。
杜の音の皆さんも、じっくり聞き入って下さいました。


④ 向田 邦子 :作 「眠る盃」 より 「字のない葉書」  




タイトルの 「眠る盃」 は、
「荒城の月」 の一節 「めぐる盃」 を間違えて覚えてしまったという話からきたもの。
不器用な父親へのさりげない愛情や、長女らしいしっかりとした性格、女性としてのこだわりなど、
向田さんの人柄が偲ばれるエッセイ。美しくてユーモア溢れる文章が、とても魅力的です。




日々の出来事一つ一つを自分の感性で丁寧に受け止めているから、
こんなに美しい文章が書けるのでしょうね。
杜の音の皆さんの中には、涙を拭いながら聞き入って下さる方もいらっしゃいました。


⑤ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」 


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。




「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「この詩のコピーを部屋の壁に貼っています」 という方もいて
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 とおっしゃって下さいました。





読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 「楽しかった」 の声が
「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。
当日の様子はこちらから http://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-298.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

自分の身体を使って何かを表現することは、やりがいがありますね。

出演者の皆様の装いや所作が、とても美しく品があって、 一...

H・H
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「大人のための朗読講座」 10月26日 スタート!
イメージ

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H29年9月号)
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」9月は、以下の5作品を朗...

[ 朗読 ]

ステージ・アップ朗読会 12月3日㈰ 開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・・・・・いよいよ私の大好きな季節の到来です!皆様お変わりありませんか?さて今日は...

[ 朗読 ]

職場体験 マナー教室の ご報告 
イメージ

 先頃、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー教室」 を行いました。H27年・H28年に続き、3...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

第15回 「朗読の日」 ご報告
イメージ

毎年6月に東京で開催される朗読会が、お陰様で今年も無事終了ました。これは、NPO日本朗読文化協会が主...

[ 舞台・ステージ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ