コラム

 公開日: 2017-12-20  最終更新日: 2018-02-04

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (平成29年 12月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
12月は、以下の4作品を朗読しました。


① 佐藤 愛子:作 「九十歳。何がめでたい」 より 「老残の悪夢」
② 児玉 辰春 :作 「よっちゃんのビー玉」
③ シルヴィ・ネーマン :作 「水曜日の本屋さん」
④ 矢野 竜広 :作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


佐藤 愛子:作 「九十歳。何がめでたい」 より 「老残の悪夢



大正12年生まれ、現在93歳の大作家 佐藤愛子の最新エッセイ集。
『九十歳。何がめでたい』 というタイトルには、ご本人曰く 「ヤケクソが籠っています」。

艱難辛苦を乗り越えて生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、
人生をたくましく生きるための 「金言」 も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 


今回は八幡さんが、自分自身と重なる部分もあるのか、半ばやけくそ気味に表現してくれました。
杜の音の皆さんも 「ウンウン」 と、しきりにうなずきながら聞いて下さいました。


児玉 辰春 :作 「よっちゃんのビー玉」  



広島に落とされた原爆でよっちゃんはなくなりました。「ビー玉がきれいじゃねえ」 ということばを残して。
ビー玉は兵隊にいったおにいさんが、よっちゃんのために見つけてきてくれたものでした...。
ビー玉に秘められた戦争の悲しみを描く絵本です。



世の中がなんだかきな臭い昨今、唯一の被爆国としてあらためて警鐘を鳴らしたい。
そんな思いを込めて、田中さんが読んでくれました。杜の音の皆さんも、じっくりと聞き入って下さいました。


シルヴィ・ネーマン :作 「水曜日の本屋さん」  



あのおじいさん、いつも戦争の本を読んでいるけれど、どうしてそんな本を読むの......? 
フランスの街角の小さな本屋さんを舞台に、本が介する少女と老紳士との心の交流を描いた絵本。
少女の豊かな感受性が胸を打つ感動作です。



今回は堀さんが、女の子の素直な視線を優しく読んでくれました。
杜の音の皆さんも、優しい眼差しで聞き入っていました。


矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。



「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「この詩のコピーを部屋の壁に貼っています」 という方もいて
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 とおっしゃって下さいました。



読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 「楽しかった」 の声が
「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


当日の詳しい様子は、こちらをどうぞ!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/-2912.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●日々の行動を振り返る良い機会になりました。話のテンポが良く、引き込まれあっという間の時間でした。 ●「口は水道の蛇口と同じ」 「噛みやすい言葉の練習の仕方...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【御礼】先日の個人レッスンではお世話になりました!

先日の個人レッスンの際には、さまざまなお心遣いをいただき...

Y・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(14

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H30年4月号)
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」4月は、以下の4作品を朗...

[ 朗読 ]

第16回 「朗読の日」 6月16日・17日 銀座 にて開催!
イメージ

NPO日本朗読文化協会 主催の 「朗読の日」 の公演が、今年も開催されます。☆ 会場:東京銀座 博品館...

[ 舞台・ステージ ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H30年3月号)
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」3月は、以下の3作品を朗...

[ 朗読 ]

「大人のための朗読講座」 4月12日 スタート!!
イメージ

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

NEC 東北支社の 「女性セミナー」 で 講師を務めました
イメージ

先日、東北NUA・NEC販売店会東北地域支部会共同開催の 「女性セミナー」 で、講師を務めました。N...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ