コラム

 公開日: 2018-02-05 

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H30年1月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
1月は、以下の4作品を朗読しました。


① 川端 誠 : 落語絵本 「はつてんじん」
② 松谷 みよ子 : 著 「安珍と清姫の物語 道成寺」
③ 宮沢 賢治 : 作 「雪渡り」
④ 辻 邦生 : 作 「花のレクイエム」 より 「山茶花」


川端 誠 : 落語絵本 「はつてんじん」  


学問の神様、菅原道真公をまつる天満宮の縁日は、毎月25日。
新年になってから、天満宮にはじめてお参りに行くことを 「初天神」 といいます。



おねだり上手の金坊を、渋々初天神に連れて行くことになったお父さん。縁日と言えば露店。
案の定、金坊は 「わたがし!たこやき!あんずあめ!」 と、
おいしそうなものを見つけてはお父さんにねだります。
その度に 「あれは、どくだ!」 と言って、ごまかすお父さん。

買うの買わないのと、繰り広げられる父子の攻防。
もちろん最初は、お父さんの方が絶対優位ですが、あれよあれよという間に立場は逆転して・・・・・



今回は、三浦さんに手伝っていただき、絵本も見て頂きながら
お父さんと子どもの楽しい掛け合いを、蓬田さんが江戸っ子になりきって、テンポよく読んでくれました。
最後のオチに、杜の音の皆さんも声をあげて笑ってくださいました。


松谷 みよ子 : 著 「安珍と清姫の物語 道成寺」  


むかし、紀伊の国に清姫という美しい娘がいた。
清姫は、年若い山伏・安珍をひと目見て心を奪われた。

けれど、清姫の想いは安珍に届かない。
思いあまった清姫は、蛇になり寺の鐘に隠れた安珍を鐘ごと焼き殺す・・・。



「安珍清姫物語」 や 「娘道成寺」 として、能や歌舞伎などで広く知られている作品。



今回は、田中さんが 「清姫の一途さ」 と 「安珍の戸惑い」 を、うまく表現してくれました。
杜の音の皆さんも、じっくり聞き入って下さいました。


宮沢 賢治 : 作 「雪渡り」  



「堅雪かんこ、しみ雪しんこ」
雪がすっかり凍った夜、四郎とかん子が小さな雪沓をはいて、歌いながら歩いていくと、
森の中から子狐の紺三郎が出てきて、歌に入ってきます。

二人は、紺三郎と友達になり、狐小学校の幻燈会に招待されました。
月のきれいな晩、森の木の枝に白い敷布がかけられ、いよいよ幻燈会が始まります・・・。



今回は岩手出身の三浦さんが、大好きな宮沢賢治の作品を、読んでくれました。
キツネの子と四郎とかん子の掛け合いが、とても愛らしく、
杜の音の皆さんも、にっこりと微笑みながら聞き入っていました。


辻 邦生 : 作 「花のレクイエム」 より 「山茶花」


憧れの年上の人が鋏で切ってくれた 「山茶花」(一月) 
難民の少女が希望のしるしとした 「ライラック」(四月)
放浪癖のある兄が好きだった 「向日葵」(八月) 
明治維新のとき自害した女の前で咲き乱れていた 「萩」(十月)・・・・・



十二ヶ月の季節の花に導かれて生み出された、辻邦生さんの短い物語十二編。
そして、そのひとつひとつに添えられた山本容子さんの銅版画が美しく、
「文学」 と 「絵」 が深く共鳴しあう作品です。



今回は、宮崎さんが、今の季節に合わせて 「山茶花」 を情感豊かに朗読してくれました。
表紙には 「山茶花」 の写真が、きれいに装丁されていました。
杜の音の皆さんも、自身の 「淡い初恋」 を思い出しているかのような眼差しで、
うっとりと聞き入って下さいました。



読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 「楽しかった」 の声が
「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


当日の詳しい様子は、こちらをどうぞ!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-301.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●はじめて参加し、とても感動がありました。  私も孫に、朗読ならぬ読み聞かせをしたいと思います。●とてもいい機会・時間でした。心が豊かになりました。ありが...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

これからの教員生活に生かしていきたいと思います!!

この度は、職場体験に向けた 「マナー講習会」 におきまして...

T・O
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新しい 「朗読メンバー」 を紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

ライブリーディング vol.6 「ブーケ」 ダイジェスト
イメージ

12月3日㈰ ステージ・アップ 主催の朗読会「ライブリーディング vol,6 ブーケ 」 ~言葉をこころの窓にし...

[ 朗読 ]

「大人のための朗読講座」 1月25日 スタート!
イメージ

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

朗読会の模様が 「You Tube」 でご覧いただけます!
イメージ

朗読会 「ライブリーディング ギフト」 の模様が、ユーチューブでご覧いただけます。どうぞ、ご覧ください!!...

[ 朗読 ]

「白いネクタイ」
イメージ

私は 披露宴の司会のために、月に何度か気仙沼に向けて車を走らせます。そこは、大谷海岸のすぐそばに建つ会場...

[ 東日本大震災 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ