コラム

 公開日: 2018-04-23  最終更新日: 2018-05-28

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H30年4月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
4月は、以下の4作品を朗読しました。


① 木村 裕一 :作 「あるはれたひに」
② 長谷川 義史 :作 「おかあちゃんがつくったる」
③ 阿川 佐和子 :作 「無意識過剰」 より 「忘却新たなり」
④ 向田 邦子 :作 「霊長類ヒト科動物図鑑」 より 「脱いだ」


① 木村 裕一 :作 「あるはれたひに」




「あらしのよるに」 のシリーズ第2段。

あらしのよるに知り合った 「ヤギ」 と 「オオカミ」
あした会おうと約束しますが、お互いに 「ヤギ」 と 「オオカミ」 だということを知りません。
「ヤギ」 と 「オオカミ」 が出会ったら、いったいどうなるの......?




ごちそうなんだけど・・・おともだち・・・「友情」 は 「食欲」 に勝てるのだろうか?
ハラハラドキドキの展開。




今回は野呂さんが、オオカミとヤギの声をうまく使い分けて、楽しく読んでくれました。
杜の音の皆さんも、声を上げて笑って下さいました。


② 長谷川 義史 :作 「おかあちゃんがつくったる」  


長谷川義史さんの自伝的絵本 『てんごくのおとうちゃん』 のつづきのお話。
ぼくとねえちゃんのために頑張る 「おかあちゃん」 の姿が、ユーモアたっぷりに描かれています。




ぼくは小学3年生。ぼくとねえちゃんとおかあちゃんの3人暮らし。
おとうちゃんが亡くなって、ひとりで頑張るおかあちゃん。おかあちゃんは何でも「ミシン」 で作ってしまう。




「おかあちゃん」 って、いつも元気で前向きで朗らかで、子どものことを何よりも一番に考えてくれる。
でもその 「おかあちゃん」 の愛情に、ちょっと困ったなあと思うことも、子どもにはあるんやね。




明るくて、優しくて、たくましいおかあちゃんが繰り広げる、笑って、じんとして、また笑える、
そんなあたたかいお話を、今回は八幡さんがお得意の関西弁で語ってくれました。
杜の音の皆さんも、「おかあちゃん」 におおいに笑い、明るい笑顔が広がっていました。

 

③ 阿川 佐和子 :作 「無意識過剰」 より 「忘却新たなり」


バッグじゃなくて紙袋、出されたおしぼりで顔を拭き、ハッと気づけば仁王立ち。
年々進むオジサン度に加え、人の名前が出てこない、さらには、洗顔フォームと歯磨きを間違える...。
激しさを増すボケ具合に老後の心配を始めながらも、日々の発見と喜びに胸躍らせる、爽快エッセイ集。




表紙のイラスト(和田誠)は、両手に紙袋をぶら下げた姿。
こんな感じで、とにかく自分の恥ずかしいところを、なにもここまで書かなくてもと思うくらい
恥ずかしげもなく書き綴り、堂々をさらけ出す。
 



今回は蓬田さんが 「ほとんど自分のことです!」 と言いながら、楽しく読んでくれました。
杜の音の皆さんも 「わかる!わかる!」 と、頷きながら聞いて下さいました。


④ 向田 邦子 :作 「霊長類ヒト科動物図鑑」 より 「脱いだ」

 
「漬物は二切れ」 「お刺身は七五三」 「夜、爪を切ると親の死に目に会えない」
向田さんの身近にあった 「言い伝えのお話」 です。




「霊柩車と道ですれ違う時は、両手の親指を隠さないと親の死に目に会えなくなる」

そんなことを聞いたことがあります。本当かなあと思いながらも、私はやはり親指を隠しています。
ある日霊柩車とすれ違って、隣にいた人が同じことをしているのに気が付いて、
お互いに笑ったことがありましたが、あれにはいったい、どういういわれがあるのでしょうか?




向田さんのエッセイは、現代にも 「あるある!」 と思えてしまう日常のエピソードや、鋭い意見があって、
古臭さを全く感ずることなく楽しんで読むことが出来ます。
杜の音の皆さんは、向田さんと同世代の方が多いので、いつも熱心に耳を傾けて下さいます。




読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 や 「楽しかった」 の声が
「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください。
http://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-304.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●調査員として基本的なマナーと留意すべき点を話して下さったので、とても参考になりました。●現場で生かしたいと思います。 ●何年も統計調査員を行っているよ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

毎日の仕事の中で、おざなりになっているところに気付くことができました。

同じ職場であっても、所属部署によっては初対面の人もいて、 ...

F・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(21

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「お中元のマナー」 の記事が 今年も河北新報に掲載されました!
イメージ

日頃お世話になっている方に、「半年間お世話になりました。これからも宜しくお願いします」 という気持ちを込め...

[ 暮らしの中で ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H30年6月号)
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」6月は、以下の5作品を朗...

[ 朗読 ]

「大人のための朗読講座」 6月28日 スタート!!
イメージ

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

第16回 「朗読の日」 6月16日・17日 東京銀座 にて開催!
イメージ

NPO日本朗読文化協会 主催の 「朗読の日」 の公演が、今年も開催されます。☆ 会場:東京銀座 博品館...

[ 舞台・ステージ ]

宮城いきいき学園の卒業式で 記念講演を行いました!
イメージ

先日 「 宮城いきいき学園 平成29年度 卒業式 」 で、記念講演をさせて頂きました。「宮城いきいき...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ