コラム

 公開日: 2014-04-22  最終更新日: 2014-06-04

「司会」 という仕事

今、私の事務所には、未来の司会者を目指して勉強中の新人さんたちが数名います。
レッスンをしながら、結婚式や披露宴のスタイルも、だいぶ様変わりをしたなあとあらためて思います。

「地味婚」 が流行ったかと思えば、ハネムーンを兼ねての 「海外ウエディング」
更に 「人前結婚式」 や 「ゲストハウスウエディング」 なども、今ではすっかりおなじみになりました。
「媒酌人」 をたてる方は、もうほとんどありません。



新郎新婦も とても熱心に研究していて、結婚情報誌を読んだり、ブライダルフェアに足を運んだり
具体的に 「アットホームな感じで」 とか 「二人らしさを出したい」 といった希望を多く頂きます。
そうした新郎新婦のご希望を叶えるため、司会者は 様々な役をこなさなければなりません。

★ 打ち合わせでは 進行のアイディアや演出を提案する 「プランニングアドバイザー」
★ 当日は 披露宴をスムースに進めていくための 「ディレクター」
★ ハイライトシーンを より印象的に表現する 「ナレーター」
★ お越しいただいたゲストの皆様に 心地よくお過ごし頂くための 「アテンダント」

司会者は まさしく披露宴の 「総合プロデューサー」 です。



「披露宴は新郎新婦にとって 一生に一度のこと。決してやり直しができないことを 肝に銘じるように!!」

これは、今は亡き 私の師匠から言われた言葉です。
現在は、私から新人の司会者がデビューする時に 必ず贈ることばです。
そして 「おめでとうの気持ちを持って 今あなたができる全ての事をやりなさい!!」 と言います。

披露宴は 新郎新婦にとって、「人生の一大イベント」 主役はあくまでも新郎新婦。
司会者は 「黒子」 「縁の下の力持ち」 「影の立役者」 です。
決して 「司会者が良かった」 ではなく

「今日の披露宴は良かったね。きっとあの二人 幸せになれるね!!」 

そう言われたら成功です。



主役のお二人が変われば そこに集うお客さまも当然違います。
まさしく10組10色 100組100色。
でも、どのカップルにも変わらないものは 「幸せのオーラ」 です。
その 「幸せのオーラ」 を毎回頂いて、3000組のカップルに、心からの「おめでとう」を贈りました。

これまでひとつの披露宴に かつて私が司会をさせて頂いたご夫婦が、なんと3組も出席していらしたり、
「5年前に司会をして頂きました。あの時お腹にいたのがこの子です」 と街中で声を掛けていただいたり。
先日もレストランで食事をしていたら 「うちの甥の披露宴でお世話になりました」 とお声掛け頂いて
家に帰って資料を見たら、1995年のお客様で 「よく覚えていて下さったなあ~」 と感激でした。

実は私、披露宴の進行表を一件目から全てとってあるんです。
それは、私の 「歴史」 であり 「宝物」 です。



30年程前、小学校時代の同級生の披露宴の司会をさせて頂いたのをスタートに
初めは、新郎新婦と同じ目線で、そしてそれは段々お姉さんのような目線に変わり
この頃では、母親のような目線になってきているでしょうか。

時を重ねて行くうちに、新郎新婦への目線は変わっても
「おめでとう!! お幸せに!!」 の気持ちは、いつまでも変わることなく
これからも 素敵なお二人にお目にかかれることを、心待ちにしたいと思います。


そして今私の元で、未来の 「司会者」 を目指して勉強している新人たちが
大きく羽ばたくことを、心から願っています。



ブライダルMCのメンバーは、こちらにアクセスを!!
http://www.stage-up.info/person/index.php




この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「朗読って奥深いですね!」

長野先生主催の朗読会「ライブリーディング ブーケ」を、拝...

E・Y
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(22

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「大人のための朗読講座」 5月25日 スタート!

趣味の幅を広げたい、新しい世界にチャレンジしたい!!好奇心いっぱい、チャレンジ精神旺盛な皆さんを応援する ...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年4月号 
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」4月は、以下の4作品を朗...

[ 朗読 ]

「朗読ワークショップ」 のご案内
イメージ

今日は、ステージ・アップ主催の 「朗読ワークショップ」 のご案内です。★ 朗読ワークショップ 「イメージを...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

「小さな春を愛でる」
イメージ

今年も南から 「桜の便り」 が届き始めました。東京は、すでに満開とか。仙台は、4月半ばが見ごろのようで、今...

[ 暮らしの中で ]

新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ