コラム

 公開日: 2012-12-04  最終更新日: 2015-07-29

「朗読と涙」

12月1日㈯に 宮城野区中央市民センターで行われた朗読会
「伝える思い・伝わる心」 お陰様で盛況のうちに、無事終了致しました。

この「朗読会」は、仙台ひと・まち交流財団と市民センターの合同企画事業として開催されたもので、
震災の体験を通して感じたことや、今の思いを、60字の「ことば」として募集し、
皆さんから寄せて頂いた「107編」を冊子にまとめ、その発表会として開催されたものです。

冊子は、岩根 浩さんの風景画や、市民センターの絵手紙サークルの皆さんの挿し絵なども入って
とてもステキに出来上がり、当日お越し頂いた皆さんにお配りしました。





当日は、初積雪となった仙台でしたが、日頃から各市民センターを利用している方や、
出演者からの誘いを受けた方などを含めて、40人近いお客様がお越し下さいました。

中には、60字の「ことば」を寄せて下さった方も、おいでになっていて
自分の作品が読まれると、嬉しそうに笑顔で応えて下さったり、
それぞれの作品に大きく頷きながら耳を傾けて下さったり、時には目頭を押さえていらしたりと、
会場のお客様と出演者の気持ちが、ひとつに繋がったように感じた1時間でした。

ステージ・アップの出演者も、そうした皆様のあたたかいまなざしに支えられて、
精一杯ステージを務めてくれました。
特にフィナーレに、お客様と出演者全員で声を合わせて読んだ 矢野竜広さんの詩「当たり前のこと」は
震災後の今 ひときわ感慨深いものがあり、私自身胸がいっぱいになってしました。

頂いたアンケートの中に「読み手が泣いてどうする。聞き手を泣かせて!!」というご意見もありましたが
震災の日から、今日までの日々を振り返る中で、溢れる思いをどうしても堪える事が出来ませんでした。
冷静に、客観的に読めるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。ご理解いただければ幸いです。

朗読会が終わった後、お客様から「声の力は大きいですね!」
「文字に、声で魂を吹き込んで頂けたようで、感動しました!!」とお声を掛けて頂きました。
何より嬉しいひと言でした。
これからも朗読を通して「言葉を心の窓にして」皆様にお届けできればと思っております。 

あらためて、当日会場にお越し頂きました皆様、各市民センターの皆様
そしてたくさんの応援を頂きました皆様、本当にありがとうございました。





※朗読会の模様が 宮城県復興応援ブログ「ココロ❤プレス」に掲載されました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_3320.html
 

来年1月26日には、大沢市民センターで「言葉を心の窓にして」と題して、朗読会を開くことになっています。
是非お運び下さいませ。お待ちしております。


※これまでの朗読公演リストはこちらから閲覧・ダウンロードいただけます(PDFファイル)
http://www.stage-up.info/contents/photo/readinglist.pdf

※現在担当している朗読講座は、こちらから閲覧・ダウンロードいただけます(PDFファイル)
http://www.stage-up.info/contents/photo/class.pdf

※現在担当している朗読番組は、こちらからご覧いただけます。
http://www.stage-up.info/contents/radio.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

話したり、分かり合えたりする瞬間は、やっぱり楽しいですね!

私は影響されやすいもので、長野先生の 「言葉のチカラ」 を...

S・T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
薬剤師さんの優しい言葉 「いいお薬なので、続けて飲んでくださいね!」
イメージ

先日、しばらくぶりに薬局に行き、病院からの処方箋と お薬手帳を出した時に、薬剤師さんに言われたひと言です。...

[ 暮らしの中で ]

謹んで 新年のご挨拶を申し上げます
イメージ

明けましておめでとうございます。 本年が、健やかな、和やかな、穏やかな一年になりますよう 心からお祈り申...

[ 暮らしの中で ]

朗読劇 『口紅のとき』 出演者の声 (6歳のとき)
イメージ

12月3日㈯ ステージ・アップ主催の朗読劇 「口紅のとき」 が上演されました。12月に入りお忙しい中、多くのお...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ