コラム

 公開日: 2013-01-25  最終更新日: 2014-06-04

「片づけたい女たち」

久しぶりに、芝居を観ました。
永井 愛 作・演出、グループる・ばる 公演 『片づけたい女たち』





幕が開くと、舞台の上は足の踏み場もない程の ゴミの山。
よくもまあこんなに散らかせたものだと、びっくりするところからスタートします。
あまりの散らかりように本当に唖然茫然で、しばらくは開いた口が塞がらないのです。


登場人物は、都会に住む中年女性3人。
彼女たちは学生時代からの友人で、突然連絡がつかなくなったツンコ(岡本 麗)を心配して
おチョビ(松金よね子)とバツミ(田岡美也子)がマンションを訪ねると、
なんとその部屋は 「ゴミの山」 に・・・


「こうなったのにはそれなりの理由があるのよ」 というツンコに
「一緒に片づけてあげる」 というおチョビとバツミ。


3人で部屋を片付けながら、ひとつのゴミをきっかけに、何気ない会話をきっかけに、
仕事や家族や友人などの 「人間関係」 や、長い間先送りにしてきた それぞれの 「人生の問題」 に、
そして、今まで見ないふりをしてきた お互いの 「心の闇」に、否応なく向き合わざるを得なくなっていく。


「部屋」を 「住む人の心の状態」 として捉え、散らかった部屋を片付けながら、3人の女性たちが、
自分がこれまでの人生で何をしてきたか、何をしてこなかったのかを整理していくのですが、

実際に芝居の中でセリフを言いながら、燃えるゴミ ・ プラスチック ・ ビン ・ カン ・ トレー ・
牛乳パック ・ 衣類 ・ 雑誌 ・ 新聞 ・ チラシ類と、ちゃんと分類しながら片づけていき、
芝居が終わる頃には 「部屋」 も、そして3人の 「心の中」 も、きれいに片付いているのです。


この作品は、2004年に初演の幕を開け、今回で3度目の再演なのですが、
私は以前一度観て、とても面白い作品だったので、再演を心待ちにしていました。

永井 愛さんの作品には、『歌わせたい男たち』 や 『ら抜きの殺意』 など
傑作がたくさんありますが、中でもこの 『片づけたい女たち』 は秀逸です。

何といっても、ツンコ(岡本 麗)とおチョビ(松金よね子)とバツミ(田岡美也子)の
切れのいい掛け合いが小気味よくて、いい味を出しています。





世の中では 「ゴミ屋敷」 が社会問題になったり 「断捨離」 がブームになって久しいですが、 
「不要なものを手放せば、心も体もスッキリして気持ちがいい」 ということは解っていても
「必要な物」 と 「不要な物」 の区別は、人それぞれの価値観で違い、
それこそ簡単には片付かず、何とも悩ましいかぎりです。


そう言えば、芝居の中で、捨てるか捨てないか迷った時に
捨てる覚悟が出来るまでの取り敢えずの 「保留箱」 が、結構便利に使われていましたっけ。
「人生の上の保留箱」 も、時として必要なのかもしれない・・・・・
そんなことを思った芝居でもありました。




芝居に関する記事を、ホームページにアップしています。
是非こちらもご覧ください。
http://www.stage-up.info/contents/stage.php

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

◆「来てよかった」の一言です。ステージ、BGM、すべて素敵でした。ありがとうございました。◆自身の経験と重なる部分が多くあって、あるあるとうなずきながら楽しま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
T・N
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(18

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ある男性に言われた言葉 「顔は大丈夫ですか?」
イメージ

先日、久しぶりに芝居を観に行った時の事。見終わって席を立ち、ロビーに出るために階段を昇り始めた時、前...

[ 暮らしの中で ]

テレビ番組の言葉 「人はずっと成長していける」
イメージ

毎朝楽しみに見ている 連続テレビ小説。いよいよ終盤近くになり、新たな展開を見せています。そうした中で...

[ 言葉のちから ]

日本薬局協励会で 講演をさせて頂きました。
イメージ

先日、日本薬局協励会 宮城支部主催の新年会で 講演をさせて頂きました。参加して下さったのは、薬局を経営して...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年1月号 
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」1月は、以下の3作品を朗...

[ 朗読 ]

朗読劇 『口紅のとき』 公演ダイジェスト
イメージ

12月3日㈯ せんだいメディアテーク7階の スタジオシアターにおいてステージ・アップ主催の朗読劇 「口紅の...

[ 朗読 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ