コラム

 公開日: 2013-04-23  最終更新日: 2014-06-04

「 チラシに魅かれて観た芝居 」

CDやレコードの 「 ジャケ買い 」というのは聞いたことがありますが、
今回は、まさしくそれ。つまり 「 チラシに魅かれて 」芝居を観ました。

シス・カンパニー公演   『 今ひとたびの修羅 』



ご想像どおり、堤真一さんの 「着流し姿」 に魅かれたのです。


作家 尾﨑士郎の 「人生劇場 残侠編」 を原作とするこの作品は
大正末期から昭和初期の 「侠客の世界」 を舞台に、
義理と人情、男と女の純愛を、真っ向から描いたもので、
演出は、劇団☆新感線を主宰する、いのうえひでのり氏。


ここからは、プログラムからの抜粋です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「やせ我慢」 が身上の、そんな侠客の代表が、堤真一扮する 「飛車角」
義理がらみの出入りに助太刀した挙句、一人で罪をかぶって 「クサい飯」 なんて
ものごとの筋道にこだわるにも程がある。


その不器用さが女を惹き付けると同時に、悲しませもする。
飛車角の恋女房 「おとよ」 は、飛車角が刑務所に入っている3年の間
一人身が寂しく、飛車角の弟分の 「宮川」(岡本健一) とねんごろに・・・・・。


宮沢りえ演ずる 「おとよ」 は、火の玉のような 「女の激情」 を、
男なしでは生きられない 「女の業」 を、 「飛車角」 に体ごとぶつける。
飛車角が言うところの 「気むらな女」(移り気で気まぐれな女)という言葉が、言い得て妙。


一方で、小出恵介演じる、ボンボンの 「瓢吉」 を挟んで対峙するのが
すべての感情を自分の中に飲み込む 「お袖」 (小池恵子)と
一見時代の最先端を翔んでいるようで、一皮むけば精一杯のやせ我慢の 「照代」 (村川絵梨)
煮え切らない 「瓢吉」 の態度がじれったい。


そして、そんな若者たちの世話を焼くのが、風間杜夫演じる 「吉良常」
「酸いも甘いも噛み分けた」 とは、まさにこのことで
数々の修羅場をくぐり抜けてきた 「男の凄味」 を秘めつつも
「男は女にやさしくしなくちゃ」 と諭す言葉の説得力。


すっぱりとした去り際、人生への幕の引き方も見事で、
若者たちに、希望の灯をともす代わりに 「老兵は去りゆくのみ」 という心情が、人生の深淵を感じさせる。


たぎる思いを相手にぶちまけるか、自分の腹にぐっと収めるかの違いだけで、
それぞれが 「修羅」 を抱えている。
「侠客道」 を貫く男たちと、至極の愛に生きる女たちの壮絶な魂の物語。
まさしく 「人生劇場」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


演出のいのうえ氏が 「今日び、なかなかやることのない芝居」 というくらい
登場人物の中に渦巻く感情が、とてつもなく濃い。
そうした、ストレートな純愛と同時に 「任侠もの」 というのも、今の時代には珍しい。


「いのうえひでのり演出」 と言えば、ドラマティックな 「音楽使い」 と、鮮やかな 「殺陣」
もちろん今回も 「よ!!待ってました!!」 と、大向こうから声がかかりそうな立ち回りに始まり、
極めつけは、殴り込みに向かう 「飛車角」 と 「宮川」 の 「男2人の道行」
それはもう、惚れ惚れするような、クライマックスでした。


劇団☆新感線の公演ではなかったためか、または 「原作」 によるものか
いつもの 「笑いの要素」 こそ、少なかったものの、見ごたえ充分な芝居でした。


侠客の世界に限らず 「義理と人情」 が希薄になっている世の中にあって、
人の繋がりの濃さをストレートに描くこの作品は、今という時代だからこそ新鮮に映るのでは・・・・・
そんなことを思った芝居でもありました。


シス・カンパニー公演 「今ひとたびの修羅」
4月29日まで、新国立劇場 中劇場にて 公演中です。



芝居に関する記事を、ホームページにアップしています。
是非こちらもご覧ください。
http://www.stage-up.info/contents/stage.php



この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「言霊」 という日本語は、人間の言葉の力を表しているものだと思います。

言霊という日本語は、人間の言葉の(人格的な)力を表してい...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年7月号
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」7月は、以下の5作品を朗...

[ 朗読 ]

「登米市管工事業協同組合」 の研修会で、講師をさせて頂きました。
イメージ

「登米市管工事業協同組合」 は、登米市水道事業所から水道業務を委託されている組合で、今回は、ビジネスマナー...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

「お中元のマナー」 の記事が 河北新報に掲載されました!
イメージ

「お中元のマナー」 の記事が 7/8付の河北新報の朝刊に 掲載されました。日頃お世話になっている方に...

[ 暮らしの中で ]

「統計調査員」 の研修会で 講師を務めました
イメージ

先日 「宮城県統計調査員協議会連合会」 の研修会で、講師を務めさせて頂きました。会場は、東京エレクトロン宮...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

「朗読の日」 6月17日・18日 銀座 にて開催!
イメージ

NPO日本朗読文化協会 主催の 「朗読の日」 の公演が、今年も開催されます。☆ 会場:東京銀座 博品館...

[ 舞台・ステージ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ