コラム

 公開日: 2013-07-06  最終更新日: 2014-06-04

第11回 「朗読の日」 を終えて

毎年6月に開催される東京での朗読会が、お陰様で先頃無事終わりました。

これは、NPO日本朗読文化協会が主催する 「朗読の日」 という公演で、
毎年全国から会員が集い、作品の発表を通して、朗読の楽しさを皆様にお伝えするもので、
まさしく年に1度の 「朗読の祭典」 です。

11回目を迎えた今年は、会場の銀座 博品館劇場に、6月15日、16日の2日間、
4つのステージに延べ120人の会員が登場し、延べ1200人のお客様がお越し下さいました。

今年も、スタンダードの古典に始まり、名作から現代作品、そして詩の朗読、
更に、協会で人気の加賀美幸子先生の講座の受講生による 「平家物語」 や
朗読をテーマにした人気漫画 「花もて語れ」 からの作品など、バラエティーに富んだ内容でした。


私はこの 「朗読の日」 の公演には、第2回から参加し、
これまでは、向田邦子さんの作品を多く朗読してきましたが、
通算8回目の参加となる今回は 「震災関連」 の作品を読むことになりました。

悠崎 仁 作 「震災~おとうさんの家、ぼくの家~」

この作品は、新聞に掲載された福島での出来事をもとに書かれたもので、
震災で犠牲になった 「犬の親子」 の会話を通して、震災への思いを語るものです。

演出の先生からの依頼で、初めてこの作品を読んだ時、どうしても涙を堪えることが出来ず、
「すみません。これは私には読めません」 と、一旦は辞退した作品でした。

それでなくても、年々涙腺が弱くなっているのに、そのうえ 「震災関連」 の作品です。
被災地の人間として、どうしても胸がいっぱいになってしまうのです。

でも読み手が泣いてはダメなのです。

そこからは、涙との戦いでした。
泣きそうになる自分の気持ちを、セーブする戦いでした。


そして迎えた本番。
いつになく緊張しましたが、何とか最後まで泣かずに読むことが出来ました。

読み終えた後、お客様から 「あの作品は本になっているのですか?」 とお問合せ頂きました。
残念ながら、本にはなっていないのですが、聴いて頂いた方の心に
少しでもこの作品が残ったことを、嬉しく思いました。

お陰様で、Bステージの 「3行ラブレター」 も、Dステージの 「司会」 も
すべてどうにか無事に務めることができました。

全ステージが終わった時、演出の先生に言われた
「泣かずに読めたね!良かったよ!!」 という言葉に、胸をなで下ろしました。
この達成感があるから、また来年もこのステージに立ちたいと思うのです。




仙台からわざわざ見に来て下さった方々に、そして応援して下さった皆様に
この場を借りて、お礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


この 「朗読の日」 の公演は、プログラムの作成から、チケットの販売・管理、
当日の会場運営など、ほとんどすべてを会員が分担して作り上げていく朗読会です。

またNPO日本朗読文化協会には、朗読が好きな方ならどなたでも参加できますので、
興味のある方、ぜひご入会下さい!! 一緒に朗読を愉しみましょう!!


★NPO日本朗読文化協会のホームページを、是非ご覧ください。
http://www.rodoku.org/

★これまでの 「朗読公演」 はこちらから閲覧・ダウンロードいただけます。
http://www.stage-up.info/contents/photo/readinglist.pdf

★現在担当している 「朗読番組」 は、こちらからご覧いただけます。
http://www.stage-up.info/contents/radio.php

★現在担当している 「朗読講座」 は、こちらから閲覧・ダウンロードいただけます。
http://www.stage-up.info/contents/photo/class.pdf

★ステージ・アップの 「朗読メンバー」 は、こちらにアクセスを!!
http://www.stage-up.info/contents/reading-member.php

★朗読メンバーの 「ブログ」 も、是非ご一読ください!!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

会場全体が耳となり演奏と朗読に集中していました。

スタッフの方々がエレガントで、お客様も落ち着いた層でした...

U・A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

震災から5年、泉区の自宅の改修工事終了に伴い、この度事務所を移転することになりました。これまでの法務局向...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ